Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ボリューム データの可視化

グリッド付きボリューム データを等値線、スライスおよびストリーム プロットとして表現

関数

すべて展開する

contourslice物体スライス平面内に等高線を描画する
flow3 変数の単純な関数
isocaps等値面 end cap 形状を計算
isocolors等値面とパッチ カラーを計算
isonormals等値面の頂点の法線を計算
isosurfaceボリューム データから等値面データを抽出
reducepatchパッチ面の数を減らす
reducevolumeボリューム データ セット内の要素数を減らす
shrinkfacesパッチ面のサイズの減少
sliceボリューム データ スライス平面
smooth33 次元データを平滑化する
subvolumeボリューム データ セットのサブセットを抽出する
volumebounds物体データに対する座標と色の範囲
coneplot速度ベクトルを 3 次元ベクトル場の円錐としてプロット
curlベクトル場の回転と角速度
divergenceベクトル場の発散を計算
interpstreamspeedフロー速度 (流れの程度) から流線点を内挿
stream22 次元流線データの計算
stream33 次元流線データの計算
streamline2 次元または 3 次元ベクトル データからの流線のプロット
streamparticlesストリーム粒子の表示
streamribbon3 次元ストリーム リボン プロットのベクトル ボリューム データからの作成
streamsliceスライス平面内の流線の描画
streamtube3 次元ストリーム チューブ プロットの作成

トピック

関連情報