Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ボリューム データの可視化

グリッド付きボリューム データを等値線、スライスおよびストリーム プロットとして表現

関数

すべて展開する

contourslice物体スライス平面内に等高線を描画する
flow3 変数の単純な関数
isocaps等値面 end cap 形状を計算
isocolors等値面とパッチ カラーを計算
isonormals等値面の頂点の法線を計算
isosurface物体データから等値面データを抽出
reducepatchパッチ面の数を減らす
reducevolumeボリューム データセット内の要素数を減らす
shrinkfacesパッチ面のサイズの減少
sliceボリューム データ スライス平面
smooth33 次元データを平滑化する
subvolumeボリューム データセットのサブセットを抽出
volumebounds物体データに対する座標と色の範囲
coneplot速度ベクトルを 3 次元ベクトル場の円錐としてプロット
curlベクトル場の回転と角速度
divergenceベクトル場の発散を計算
interpstreamspeedフロー速度 (流れの程度) からストリームライン点を内挿
stream22 次元ストリームライン データの計算
stream33 次元ストリームライン データの計算
streamline2 次元または 3 次元ベクトル データからのストリームラインのプロット
streamparticlesストリーム粒子の表示
streamribbon3 次元ストリーム リボン プロットのベクトル ボリューム データからの作成
streamsliceスライス平面内のストリームラインの描画
streamtube3 次元ストリーム チューブ プロットの作成

トピック

ボリューム データの可視化

この例では、MATLAB® でボリューム データを可視化するいくつかの方法を示します。

ボリューム データの可視化の概要

ボリューム データの可視化とは、3 次元グリッド上で定義されたデータセットのグラフィカルな表現の生成です。

スカラー ボリューム データの可視化の技法

MRI スライスのようなスカラー ボリューム データの可視化に使用できるいくつかの技法があります。

4 次元データの可視化

この例では、MATLAB® で 4 次元データを可視化する手法をいくつか示します。

ベクトル ボリューム データの可視化

ベクトル データの可視化に役立つ手法には、流線、ストリーム粒子、ストリーム リボン、ストリーム チューブ、コーン プロットなどいくつかあります。

スライス平面を使用してボリューム データを表示する

スライス平面は、スライスが存在する領域内でのボリューム データの値をもとにカラーリングした表面です。

等値面と等値を組み合わせる

等値面は、各頂点で同じ値をもつボリューム データ内で表面を作成することによって構成されます。等値面プロットは、値が等しいことを示す点で等高線図と似ています。

等値断面の可視化

等値断面とは、等値面の内容を見やすくするために、その範囲に合わせて切り込む形で表示される平面のことです。

ベクトル データを使用したストリームラインの表示

同じプロット上のストリームライン、スライス平面、および等高線を使用して、大気の流れを 3 次元で可視化する。

ストリーム リボンによるらせんの表示

ストリーム リボンは流線と同様の流れの方向を表しますが、リボン型の流れのラインをねじることによって、流れの軸に関する回転を表示することもできます。

ストリーム チューブの発散の表示

ストリーム チューブは流線と似ていますが、情報を表すために使用可能なもう 1 つの次元を与える幅をもっています。

ストリーム粒子のアニメーションの作成

ストリームラインを使用して、ベクトル場内の粒子の速度と方向を可視化する

コーン プロットを使用したベクトル場の表示

この例では、コーン プロット、等値面、ライティング、カメラの位置を使用してベクトル場を可視化する方法を説明します。

関連情報