ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

slice

ボリューム データ スライス平面

説明

slice(X,Y,Z,V,xslice,yslice,zslice) は、容積測定データ V のスライスを描画します。座標データとして XYZ を指定します。次の形式のいずれかを使用して、スライスの位置として xsliceyslicezslice を指定します。

  • 特定の軸と直交する 1 つ以上のスライス平面を描画するには、スカラーまたはベクトルとしてスライス引数を指定します。

  • 表面に沿って単一のスライスを描画するには、表面を定義する行列としてすべてのスライス引数を指定します。

slice(V,xslice,yslice,zslice)V の既定の座標データを使用します。V 内の各要素の (x,y,z) 位置は、それぞれ列、行、ページ インデックスに基づきます。

slice(___,method) は内挿法を指定します。method'linear' (既定)、'cubic''nearest' のいずれかです。このオプションは、前述の構文における任意の入力引数と共に使用します。

slice(ax,___) は、現在の座標軸 (gca) ではなく指定された座標軸にプロットします。

s = slice(___) は、作成した Surface オブジェクトを返します。slice はスライスごとに 1 つの Surface オブジェクトを返します。

すべて折りたたむ

各軸に直交するスライス平面に沿って容積測定データを表示します。

v=xe-x2-y2-z2 で定義されるボリュームからスライス平面を作成します。ここで xyz の範囲は [-2,2] です。値 -1.20.82x 軸に直交し、値 0z 軸に直交するスライス平面を作成します。空の配列を指定することにより、y 軸に直交するスライス平面は作成しません。

[X,Y,Z] = meshgrid(-2:.2:2);
V = X.*exp(-X.^2-Y.^2-Z.^2);

xslice = [-1.2,0.8,2];   
yslice = [];
zslice = 0;
slice(X,Y,Z,V,xslice,yslice,zslice)

容積測定データを非平面のスライスに沿って表示します。容積測定データを表示する表面を定義します。

ボリューム配列 V を、v=xe-x2-y2-z2 により定義されるボリュームとして作成します。ここで、xyz の範囲は [-5,5] です。次に、z=x2-y2 によって定義される表面に沿ってボリューム データのスライスを表示します。

[X,Y,Z] = meshgrid(-5:0.2:5);
V = X.*exp(-X.^2-Y.^2-Z.^2);

[xsurf,ysurf] = meshgrid(-2:0.2:2);
zsurf = xsurf.^2-ysurf.^2;
slice(X,Y,Z,V,xsurf,ysurf,zsurf)

容積測定データからスライス平面を作成します。データ値の内挿法を指定します。

値 0.8 で x 軸に直交するスライス平面を作成します。ボリューム データは x の値 0.8 に対して定義されていないため、関数 slice は近い値を内挿します。最も近いデータ点の値を使用するには、内挿法を 'nearest' に指定します。

[X,Y,Z] = meshgrid(-2:2);
V = X.*exp(-X.^2-Y.^2-Z.^2);
xslice = 0.8;   
yslice = [];
zslice = [];
slice(X,Y,Z,V,xslice,yslice,zslice,'nearest')

入力引数

すべて折りたたむ

x 軸座標のデータ。ベクトルまたは V と同じサイズの 3 次元配列として指定します。3 次元配列を指定する場合、関数 meshgrid で生成されるものと同様に、単調かつ直交空間でなければなりません

データ型: single | double

y 軸座標のデータ。ベクトルまたは V と同じサイズの 3 次元配列として指定します。3 次元配列を指定する場合、関数 meshgrid で生成されるものと同様に、単調かつ直交空間でなければなりません

データ型: single | double

z 軸座標のデータ。ベクトルまたは V と同じサイズの 3 次元配列として指定します。3 次元配列を指定する場合、関数 meshgrid で生成されるものと同様に、単調かつ直交空間でなければなりません

データ型: single | double

ボリューム データ。3 次元配列として指定します。

データ型: single | double

x 軸のスライス値。次のいずれかの形式で指定します。

  • スカラー — 指定された位置で x 軸に直交するスライス平面を 1 つ描画します。

  • ベクトル — 指定された位置で x 軸に直交するスライス平面を複数描画します。

  • [] — スライス平面は描画しません。

  • 行列 — 平面の代わりに表面に沿ったスライスを描画します。このオプションを使用する場合、yslicezslice も同じサイズの行列でなければなりません。

例: [2 4] は値 2 と 4 で x 軸に直交するスライス平面を描画します。

データ型: single | double

y 軸のスライス値。次のいずれかの形式で指定します。

  • スカラー — 指定された位置で y 軸に直交するスライス平面を 1 つ描画します。

  • ベクトル — 指定された位置で y 軸に直交するスライス平面を複数描画します。

  • [] — スライス平面は描画しません。

  • 行列 — 平面の代わりに表面に沿ったスライスを描画します。このオプションを使用する場合、xslicezslice も同じサイズの行列でなければなりません。

例: [2 4] は値 2 と 4 で y 軸に直交するスライス平面を描画します。

データ型: single | double

z 軸のスライス値。次のいずれかの形式で指定します。

  • スカラー — 指定された位置で z 軸に直交するスライス平面を 1 つ描画します。

  • ベクトル — 指定された位置で z 軸に直交するスライス平面を複数描画します。

  • [] — スライス平面は描画しません。

  • 行列 — 平面の代わりに表面に沿ったスライスを描画します。このオプションを使用する場合、xsliceyslice も同じサイズの行列でなければなりません。

例: [2 4] は値 2 と 4 で z 軸に直交するスライス平面を描画します。

データ型: single | double

内挿法。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'linear' — 対応する各次元における、隣接するグリッド点の値の線形内挿

  • 'cubic' — 対応する各次元における、隣接するグリッド点の値の 3 次内挿

  • 'nearest' — 最も近いグリッド点の値

ターゲット座標軸。Axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、slice は現在の座標軸にプロットします。

拡張機能

R2006a より前に導入