Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

等値面と等値を組み合わせる

流体データの等値面

isosurfacepatch コマンドを使用して、等値面を作成します。

この例では、flow によって生成された等値面を作成します。次のコマンドを使用して、ボリューム データを作成します。

[x,y,z,v] = flow;

等値を選択するには、ボリューム データの値の範囲を決めます。

min(v(:))
ans =
   -11.5417
max(v(:))
ans =
   2.4832

これらを参考にデータの有用な情報を表す等値を選択します。値を一度選択すると、等値を使用して等値面を作成することができます。

  • isosurface を使用して patch に直接渡すことのできるデータを作成します。

  • より優れたライティングの特性を作成するため、ボリューム データの勾配から面法線を再計算します (isonormals)。

  • パッチの FaceColor を赤に設定し、EdgeColornone に設定して、ライティングされている表面をより平滑化して作成します。

  • 表示を調整し、ライティングを追加します (daspectviewcamlightlighting)。

    hpatch = patch(isosurface(x,y,z,v,0));
    isonormals(x,y,z,v,hpatch)
    hpatch.FaceColor = 'red';
    hpatch.EdgeColor = 'none';
    daspect([1,4,4])
    view([-65,20])
    axis tight
    camlight left; 
    lighting gouraud