Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

汎用的な幾何学的変換

imwarp ワークフローを使用した汎用的な幾何学的変換の実行

幾何学的変換処理では、出力イメージのピクセル座標を入力イメージの座標にマップします。マッピング処理ではその後、出力ピクセルの値を入力イメージから内挿します。

これらの関数を使用して一般的な 2 次元、3 次元、および N 次元幾何学的変換を実行します。2 次元または 3 次元幾何学的変換を実行するには、まず変換に関する情報を格納する幾何学的変換オブジェクトを作成します。次に、変換するイメージと幾何学的変換オブジェクトを関数 imwarp に渡します。

関数

imwarpイメージへの幾何学的変換の適用
affineOutputViewワーピング イメージの出力表示の作成
fitgeotrans幾何学的変換のコントロール ポイントのペアへの近似
findbounds空間変換の出力境界の検出
fliptform空間変換構造体の入力と出力の役割の反転
makeresamplerリサンプリング構造体の作成
maketform空間変換構造体 (TFORM) を作成
tformarrayN 次元配列への空間変換の適用
tformfwdフォワード空間変換の適用
tforminv逆空間変換の適用

オブジェクト

すべて展開する

Warper多くのイメージに同じ幾何学的変換を効率的に適用します
imref2dワールド座標に対する 2 次元イメージの参照
imref3dワールド座標に対する 3 次元イメージの参照
affine2d2 次元アフィン幾何学的変換
affine3d 3 次元アフィン幾何学的変換
rigid2d2 次元剛体幾何学的変換
rigid3d3 次元剛体幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換
geometricTransform2d2 次元幾何学的変換オブジェクト
geometricTransform3d3 次元幾何学的変換オブジェクト
PiecewiseLinearTransformation2D2 次元区分的線形幾何学的変換
PolynomialTransformation2D2 次元多項式幾何学的変換
LocalWeightedMeanTransformation2D2 次元局所重み付き平均幾何学的変換

トピック

幾何学的変換

2 次元および 3 次元の幾何学的変換プロセスの概要

2 次元または 3 次元イメージの一般的な幾何学的変換を実行するには、まず変換のパラメーターを定義し、その後イメージをワープします。

幾何学的変換の行列表現

アフィン変換と射影変換は行列で表されます。行列処理を使用してイメージのグローバル変換を実行できます。

N 次元空間変換

任意の次元のイメージを処理する、または出力イメージの次元を入力イメージから変化させるためのカスタム幾何学的変換を作成できます。

幾何学的変換の出力に対する塗りつぶしの値の指定

この例では、幾何学的変換実行後のイメージの余白の色を指定する方法を説明します。

空間参照

イメージの座標系

離散ピクセル インデックスと連続する空間座標を使用したイメージ位置の表現方法を学びます。

イメージのワールド座標系の定義

空間参照オブジェクトは、固有座標でのイメージ範囲、ワールド座標でのイメージ範囲とイメージの解像度との関係をエンコードします。

表示されたイメージの x 座標と y 座標の範囲のシフト

この例では、表示されたイメージの XData および YData のプロパティを変更して、既定以外のワールド座標系を指定する方法を示します。

注目の例