最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

動的システム モデル

"動的システム モデル" は一般に、内部ダイナミクスまたは過去の状態のメモリ (積分器、遅延、伝達関数、状態空間モデルなど) をもつシステムを表します。

bodemargin および linearSystemAnalyzer など、線形システムを解析するほとんどのコマンドは、大多数の動的システム モデル オブジェクトで使用できます。一般化モデルの場合、解析コマンドは調整可能なパラメーターの現在の値と不確かなパラメーターのノミナル値を使用します。応答プロットを生成するコマンドにより、不確かなモデルのランダム サンプルが表示されます。

次の表に動的システム モデルの一覧を示します。

モデル ファミリモデル タイプ
数値 LTI モデル — 線形システムの基本数値表現
(Control System Toolbox™ が必要)
tf
zpk
ss
frd
pid
pidstd
pid2
pidstd2
同定された LTI モデル — 調整可能な係数をもつ線形システムの表現。係数の値は測定された入力/出力データを使用して同定することができます。
(System Identification Toolbox™ が必要)
idtf
idss
idfrd
idgrey
idpoly
idproc
同定された非線形モデル — 調整可能な係数をもつ非線形システム表現。この値は測定された入力/出力データを使用して同定することができます。線形システムを解析するコマンドのサポートには制限があります。
(System Identification Toolbox が必要)
idnlarx
idnlhw
idnlgrey
一般化 LTI モデル — 調整可能、または不確かな係数を含むシステムの表現
(調整可能なモデルには Control System Toolbox、不確かさをもつモデルには Robust Control Toolbox™ が必要)
genss
genfrd
uss
ufrd
動的な制御設計ブロック — 制御システムのモデルを作成するための、調整可能な解析ポイント、不確かな解析ポイント、またはスイッチ解析ポイント
(調整可能な制御設計ブロックおよび解析ポイントには Control System Toolbox、不確かさをもつ制御設計ブロックには Robust Control Toolbox が必要)
tunableGain
tunableTF
tunableSS
tunablePID
tunablePID2
ultidyn
udyn
AnalysisPoint

関連するトピック