Main Content

古典制御設計

単入力、単出力 (SISO) フィードバック システムの設計、調整および解析

制御システム デザイナー アプリを使用して、フィードバック システムの単入力単出力 (SISO) コントローラーを対話的に設計および解析できます。さまざまなグラフィカルな調整および自動調整の方法を使用してコントローラーを設計できます。アプリケーションに最も適した調整法を選択するには、制御システム デザイナーの調整法を参照してください。

Simulink® モデルでの SISO コントローラーの調整の詳細については、古典制御設計 (Simulink Control Design)を参照してください。

アプリ

制御システム デザイナー単入力単出力 (SISO) コントローラーの設計

関数

rlocus動的システムの根軌跡プロット
rlocusplot根軌跡をプロットしてプロット ハンドルを返す
sisoinit起動時の制御システム デザイナーの構成

トピック

制御設計の基礎

  • 制御設計法の選択
    Control System Toolbox™ では複数の制御システムの調整手法を提供しています。
  • 制御システム デザイナー入門
    この例では、制御システム デザイナーを使用した、フィードバック制御システム用補償器の調整方法を説明します。
  • 制御システム デザイナーの調整法
    各種のグラフィカルな調整法や自動調整法により補償器を調整することができます。
  • フィードバック制御アーキテクチャ
    制御システム デザイナーを MATLAB® から開くときは、6 つの可能な制御アーキテクチャ構成から 1 つを選択できます。
  • 設計要件
    制御システム デザイナーを使用して、補償器を調整してさまざまな時間領域および周波数領域の設計要件を満たすことができます。
  • プログラムによる制御システム デザイナーの初期化
    この例では、コマンド ラインを使用して "制御システム デザイナー" を設定する方法および "制御システム デザイナー" セッションの起動をカスタマイズする関数の作成方法について説明します。

補償器の調整

  • ボード線図設計
    ボード線図設計は、特定の開ループ応答を達成するために補償器を変更する対話型のグラフィカルな方法です。
  • 根軌跡の設計
    根軌跡の設計は一般的な制御システムの設計法であり、根軌跡図上で補償器のゲイン、極および零点を編集します。
  • ニコルス線図設計
    ニコルス線図設計は、特定の開ループ応答を達成するために補償器を変更する対話型のグラフィカルな方法です。
  • 補償器のダイナミクスの編集
    手動で補償器の極、零点、ゲインを編集して、設計目標を達成します。
  • 自動調整法を使用した補償器の設計
    制御システム デザイナーで自動調整法を使用して、補償器を調整します。

Simulink での補償器の調整

特殊な特性をもつシステム

解析と検証

コントローラーのエクスポート

ケース スタディ