Simulink を使用したモーター制御の設計

シミュレーションとコード生成を使用してモーター制御アルゴリズムを開発

モーター制御アルゴリズムは速度、トルク、その他の性能特性を制御し、主に精密な位置決めのために使用されます。シミュレーションを使用した制御アルゴリズムの評価は、高価なハードウェア テストを行う前に、モーター コントローラー設計の適切性を調べ、アルゴリズム開発の時間と費用を低減するための有効な手段です。

モーター制御アルゴリズム開発のための効率的なワークフローには、次のようなことが含まれます。

  • 正確なシステム モデルの構築 (多くの場合、モーター、駆動電子機器、センサー、負荷のライブラリーを使用します)
  • リアルタイム テストおよび実装のための、ANSI、ISO、またはプロセッサ最適化された C コードおよび HDL の生成
  • シミュレーションとプロトタイプ ハードウェアを使用した制御アルゴリズムの検証とテスト

シミュレーションの詳細については、Simulink を参照してください。ANSI、ISO、またはプロセッサ最適化された C コードを生成してモーター制御アルゴリズムをプロセッサに実装したり、FPGA のための HDL を生成することについては、組み込みコーダーおよび HDL コーダーを参照してください。


参考: MATLAB, パルス幅変調, FPGA 設計と協調設計, Simscape Power Systems, 埋め込みコーダー, HDL コーダー, モーター制御のビデオ