ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plotResiduals

クラス: LinearModel

線形回帰モデルの残差プロット

構文

plotResiduals(mdl)
plotResiduals(mdl,plottype)
h = plotResiduals(___)
h = plotResiduals(mdl,plottype,Name,Value)

説明

plotResiduals(mdl) は、mdl 線形モデルの残差のヒストグラム プロットを生成します。

plotResiduals(mdl,plottype) は、タイプ plottype のプロットで残差をプロットします。

h = plotResiduals(___) は、前の構文のいずれかを使用して、プロット内のラインに対するハンドルを返します。

h = plotResiduals(mdl,plottype,Name,Value) は、追加のオプションを使用してプロットします。このオプションは Name,Value のペアの引数で指定されたものです。

入力引数

すべて展開する

完全な近似済み線形回帰モデル。fitlm または stepwiselm を使用して構築した LinearModel オブジェクトを指定します。

プロット タイプ。次のいずれかを指定します。

'caseorder'残差とケース (行) 順の比較
'fitted'残差と近似値の比較
'histogram'ヒストグラム
'lagged'残差とラグ付き残差の比較 (r(t) と r(t–1))
'probability'正規確率プロット
'symmetry'対称性プロット

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前/値のペア引数を、任意の順番で指定できます。

メモ

プロットのプロパティ名と値のペアが最初に返されたハンドル h(1) に適用されます。

ラインまたはマーカーの色。'Color'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

ライン スタイル。'LineStyle'Line のプロパティ 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

塗りつぶされた領域のラインまたはエッジの幅 (ポイント)。'LineWidth' と正の数値から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

マーカーの色、または塗りつぶされたマーカーのエッジの色。'MarkerEdgeColor'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

塗りつぶされたマーカーの面の色。'MarkerFaceColor'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

マーカーのサイズ (ポイント)。'MarkerSize' と正の数値から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

プロットで使用する残差のタイプ。'ResidualType' と次のいずれかから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'raw'観測した値から近似した値を減算した値
'pearson'RMSE で除算した生の残差
'standardized'推定標準偏差で除算した生の残差
'studentized'標準偏差の独立した (delete-1) 推定値で除算した生の残差

出力引数

すべて展開する

グラフィックス ハンドル。プロット内のラインまたはパッチに対応するグラフィックス ハンドルのベクトルとして返されます。

すべて展開する

近似済み線形モデルの残差のヒストグラムをプロットします。

carsmall データを読み込み、モデル年、重量、および重量の二乗の関数として、燃費の線形モデルで近似します。

load carsmall
tbl = table(MPG,Weight);
tbl.Year = ordinal(Model_Year);
mdl = fitlm(tbl,'MPG ~ Year + Weight^2');

生の残差をプロットします。

plotResiduals(mdl)

近似線形モデルの残差の正規確率プロットを作成します。

carsmall データを読み込み、モデル年、重量、および重量の二乗の関数として、燃費の線形モデルで近似します。

load carsmall
X = [Weight,Model_Year];
mdl = fitlm(X,MPG,...
    'y ~ x2 + x1^2','Categorical',2);

あてはめたモデルの残差の正規確率プロットを作成します。

plotResiduals(mdl,'probability')

ヒント

  • 多くのプロットでは、任意のデータ点の x の値と y の値、および観測名または観測番号が、Figure ウィンドウのデータ カーソル ツールに表示されます。

代替方法

mdl.Residuals テーブルには残差プロットの情報が格納されます。