ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plotAdded

クラス: LinearModel

線形モデルの追加変数プロットまたはてこ比のプロット

構文

plotAdded(mdl)
plotAdded(mdl,coef)
h = plotAdded(mdl,___)
h = plotAdded(mdl,coef,Name,Value)

説明

plotAdded(mdl) は、完全な近似済み回帰モデル mdl の定数項を除くすべての項について、一般化された追加変数プロットを作成します。

plotAdded(mdl,coef) は、その他すべての項について調整した後に、mdlcoef 項の追加変数プロットを作成します。

h = plotAdded(mdl,___) は、前の構文のいずれかを使用して、プロット内のラインに対するハンドルを返します。

h = plotAdded(mdl,coef,Name,Value) は、追加のオプションを使用してプロットします。このオプションは Name,Value のペアの引数で指定されたものです。

入力引数

すべて展開する

完全な近似済み線形回帰モデル。fitlm または stepwiselm を使用して構築した LinearModel オブジェクトを指定します。

回帰モデル mdl の係数。次のいずれかを指定します。

  • 単一の係数名を指定する文字ベクトルまたは string スカラー

  • mdl.CoefficientNames プロパティ内の係数のベクトル

データ型: char | string | single | double

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で閉じなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

メモ

プロットのプロパティ名と値のペアが最初に返されたハンドル h(1) に適用されます。

ラインまたはマーカーの色。'Color'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

ライン スタイル。'LineStyle'Line のプロパティ 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

塗りつぶされた領域のラインまたはエッジの幅 (ポイント)。'LineWidth' と正の数値から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

マーカーの色、または塗りつぶされたマーカーのエッジの色。'MarkerEdgeColor'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

塗りつぶされたマーカーの面の色。'MarkerFaceColor'ColorSpec 仕様から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細は、linespec を参照してください。

マーカーのサイズ (ポイント)。'MarkerSize' と正の数値から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。1 ポイントは 1/72 インチに相当します。

出力引数

すべて展開する

グラフィックス ハンドル。プロット内のラインまたはパッチに対応するグラフィックス ハンドルのベクトルとして返されます。

すべて展開する

自動車の燃費のモデルを重量とモデル年の関数として作成します。次に、モデルの有意性を確認するプロットを作成します。

carsmall データから燃費の線形モデルを作成します。

load carsmall
tbl = table(MPG,Weight);
tbl.Year = ordinal(Model_Year);
mdl = fitlm(tbl,'MPG ~ Year + Weight^2');

追加変数プロットを作成します。

plot(mdl)

水平線が信頼限界の間に収まっていないので、このプロットはモデルが有意であることを示しています。

自動車の燃費のモデルを重量とモデル年の関数として作成します。次に、重み付けの項 (Weight および Weight^2) の効果を確認するプロットを作成します。

carsmall データから燃費の線形モデルを作成します。

load carsmall
tbl = table(MPG,Weight);
tbl.Year = ordinal(Model_Year);
mdl = fitlm(tbl,'MPG ~ Year + Weight^2');

WeightWeight^2 に対応するモデル内の項を検索します。

mdl.CoefficientNames
ans = 1x5 cell array
    {'(Intercept)'}    {'Weight'}    {'Year_76'}    {'Year_82'}    {'Weight^2'}

重み付けの項は 2 と 5 です。

重み付けの項を使用して追加変数プロットを作成します。

coef = [2 5];
plotAdded(mdl,coef)

水平線が信頼限界の間に収まっていないので、このプロットは重みの項が有意であることを示しています。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 多くのプロットでは、任意のデータ点の x の値と y の値、および観測名または観測番号が、Figure ウィンドウのデータ カーソル ツールに表示されます。