ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plot

クラス: LinearModel

線形モデルの散布図または追加変数プロット

構文

plot(mdl)
h = plot(mdl)

説明

plot(mdl) は、完全な近似済み線形モデル mdl のプロットを作成します。プロットタイプは予測子変数の数によって異なります。

  • 予測子変数が 1 つのみの場合、plot は近似曲線と信頼限界を含んだデータの散布図を作成します。

  • 予測子変数が複数存在する場合、plot は追加変数プロットを作成します。

  • 予測子が 1 つもない場合、plot は残差のヒストグラムを作成します。

h = plot(mdl) は、プロットのラインのハンドルを返します。

入力引数

すべて展開する

完全な近似済み線形回帰モデル。fitlm または stepwiselm を使用して構築した LinearModel オブジェクトを指定します。

出力引数

すべて展開する

グラフィックス ハンドル。プロット内のラインまたはパッチに対応するグラフィックス ハンドルのベクトルとして返されます。

すべて展開する

自動車の燃費のモデルを重量とモデル年の関数として作成します。次に、モデルの有意性を確認するプロットを作成します。

carsmall データから燃費の線形モデルを作成します。

load carsmall
tbl = table(MPG,Weight);
tbl.Year = ordinal(Model_Year);
mdl = fitlm(tbl,'MPG ~ Year + Weight^2');

追加変数プロットを作成します。

plot(mdl)

水平線が信頼限界の間に収まっていないので、このプロットはモデルが有意であることを示しています。

詳細

すべて展開する

代替方法

追加変数プロットで特定の予測子を選択するには、plotAdded を使用します。