Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

周波数応答のオフライン推定

Simulink® モデルの周波数応答の推定、周波数領域の特性の調査、線形化の検証

Simulink Control Design™ ソフトウェアには、Simulink でモデル化されたシステムの周波数応答をモデルを変更せずに推定するために、コマンド ライン ツールとグラフィカルなモデル線形化器アプリの両方が用意されています。推定された応答を使用して、正確な線形化結果を検証し、線形モデルのダイナミクスを解析し、あるいはパラメトリック モデルを推定することができます。周波数応答推定の詳細については、周波数応答推定の基礎を参照してください。

周波数応答の推定では、対象の周波数でモデルを励起するために、線形入力ポイントで入力信号が必要になります。詳細については、推定用の入力信号を参照してください。

グラフィカル ツール

モデル線形化器Simulink モデルの線形化

関数

すべて展開する

推定

frestimateSimulink モデルの周波数応答の推定
frestimateOptions周波数応答推定のオプション

入力信号

frest.Sinestream一連の正弦波を含む入力信号
frest.createFixedTsSinestream固定サンプル時間の Sinestream 入力信号
frest.Chirpスイープ周波数の余弦入力信号
frest.PRBS2 値疑似乱数列入力信号
frest.Random乱数入力信号
frest.createStepステップ入力信号の作成
frest.simCompare非線形および線形モデルの時間領域シミュレーションのプロット
frest.simView周波数応答モデルの時間領域および周波数領域でのプロット
getSimulationTime周波数応答推定のシミュレーションの最終時間
frest.findSources時変ソース ブロックを特定します。
frest.findDependモデルのパス依存関係のリスト

トピック

周波数応答推定の基礎

推定用の入力信号

ノイズと時変入力

線形化の検証

コード生成

トラブルシューティング