Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

周波数応答のオンライン推定

物理プラントの周波数応答のリアルタイム推定

Simulink® Control Design™ を使用して、動作中のシステムの周波数応答を測定できます。ブロックによって、プラントに信号を挿入しプラントの出力を測定する実験が行われます。Simulink Coder™ のようなコード生成製品がある場合、ハードウェアに推定アルゴリズムを実装するコードを生成することが可能です。アルゴリズムをハードウェアに展開すると、物理プラントの周波数応答をリアルタイムで測定することができます。はじめに、周波数応答のオンライン推定の基礎を参照してください。

ブロック

Frequency Response Estimatorシミュレーション時またはリアルタイムでプラントの周波数応答を推定

トピック

周波数応答のオンライン推定の基礎

Frequency Response Estimator ブロックでは、動作中のシステムの周波数応答を測定できます。

Simulink でモデル化されたプラントを使用したオンライン推定

Frequency Response Estimator ブロックを使用して、Simulink でモデル化されたプラントの周波数応答をモデルの実行中に推定する。

リアルタイムで使用するための周波数応答の推定アルゴリズムの展開

周波数応答のオンライン推定を物理システムに対するリアルタイムの調整用にスタンドアロン アプリケーションとして展開する。

注目の例