Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

線形化の基礎

線形化のためのシステムの定義、線形応答のプロット、線形化結果の検証

Simulink® モデルの線形化は、モデルで定義されている既定の操作点で行うことができます。詳細については、Simulink モデルのモデル操作点での線形化を参照してください。また、最適化ベースの探索を使用して見つけた操作点や、特定のシミュレーション時間で見つけた操作点も指定できます。

モデルの一部分の線形化された応答を抽出するには、特定の線形化の入出力ポイントを定義できます。詳細については、モデルの一部を線形化するよう指定を参照してください。線形化の後、時間領域と周波数領域の両方で結果を解析し、検証できます。

アプリ

モデル線形化器Simulink モデルの線形化

ツール

Simulink による制御設計入門Simulink Control Design ライセンスに含まれる自己学習形式の対話型チュートリアル

関数

linearizeSimulink モデルまたはサブシステムの線形近似
linearizeOptions線形化オプションの設定
getlinioSimulink モデル、Linear Analysis Plots ブロック、または Model Verification ブロックから線形解析ポイントを取得
linioSimulink モデル、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに対し線形解析ポイントを作成
setlinioSimulink モデル、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに線形解析ポイントを保存
linlft指定されたブロックの影響を取り除きながら、モデルを線形化します。
linlftfold指定されたブロックとモデルの線形化結果を組み合わせる
fastRestartForLinearAnalysis線形解析の高速リスタート

トピック

入門

  • 非線形モデルの線形化
    操作点の周りの小さい領域で有効な非線形システムの線形近似を取得します。
  • 線形化ツールの選択
    Simulink Control Design™ ソフトウェアでは、ユーザー インターフェイス、関数、またはブロックを使用して、非線形モデルの線形解析を行うことができます。
  • 正確な線形化アルゴリズム
    Simulink Control Design ソフトウェアは、ブロックごとの手法を使用してモデルを線形化します。Simulink モデル内の各ブロックを個別に線形化し、これらのブロックの線形化を組み合わせる方法でシステム全体の線形化を行います。
  • Simulink モデルのモデル操作点での線形化
    モデルで指定された操作点でモデルを線形化します。モデルの操作点は、モデルの初期状態値と入力信号から構成されています。
  • プラントの線形化
    ブロックの入力と出力に個別の解析ポイントを定義しなくても、Simulink モデル内のブロックまたはサブシステムを線形化できます。指定したブロックまたはサブシステムは、線形化を行う前にモデルの残りの部分から分離されます。
  • 開ループ応答の計算
    フィードバック ループの影響を除外して、プラントとコントローラーの応答を組み合わせたものを解析および計算できます。
  • 線形化したモデルの状態の順序
    線形化されたモデルの状態の順序を制御できます。この状態の順序は、線形化の結果に表示されます。

操作点の仕様

モデルの一部の指定

特殊な特性をもつモデル

解析と検証

コード生成