最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink モデルでモデルの一部を線形化する指定

線形化の対象としてモデルの一部を指定する場合、Simulink® モデル内に直接線形解析ポイントを定義して保存できます。解析ポイントは、モデルの線形化の入力、出力およびループ開始点を表します。

あるいは、モデルを変更せずに解析ポイントを指定するには、次の方法で解析ポイントを定義できます。

解析ポイントの指定

解析ポイントを Simulink モデル内に直接指定するには、まず [線形化] タブを開きます。そのためには、[アプリ] ギャラリーで [線形化マネージャー] をクリックします。

解析ポイントを指定するには、以下を行います。

  1. モデル内で、解析ポイントとして定義する信号をクリックします。

  2. [線形化] タブの [解析ポイントの挿入] ギャラリーで、定義する解析ポイントのタイプを選択します。

    • 入力の摂動 — 信号への加法的入力を指定します。

    • 出力の測定 — 信号の測定値を取ります。

    • ループの中断 — ループ開始点を指定します。

    • 開ループの入力 — ループの中断と、その後に続く入力の摂動を指定します。

    • 開ループの出力 — 出力の測定と、その後に続くループの中断を指定します。

    • ループ伝達 — ループの中断の前に出力の測定を指定し、それらの後に続く入力の摂動を指定します。

    • 感度 — 入力の摂動と、その後に続く出力の測定を指定します。

    • 相補感度 — 出力の測定と、その後に続く入力の摂動を指定します。

    解析ポイントのさまざまなタイプの詳細については、モデルの一部を線形化するよう指定を参照してください。

    解析ポイントを指定すると、ソフトウェアは線形解析ポイント タイプを示す注釈をモデルに追加します。

  3. 解析ポイントとして定義するすべての信号に対して、手順 1 と 2 を繰り返します。

ソフトウェアは、指定する各線形解析ポイントについてその解析ポイントのタイプを示す注釈をモデルに追加します。

解析ポイントとしてのバス要素の選択

以下の例では、バス信号において個々の要素を解析ポイントとして選択する方法を説明します。

  1. Simulink モデルを開きます。

    sys = 'scdbusselection';
    open_system(sys)

  2. バス信号を線形解析ポイントとして指定します。

    まず、[線形化] タブを開きます。Simulink モデル ウィンドウの [アプリ] ギャラリーで、[線形化マネージャー] をクリックします。

    モデル内で、OUTPUTBUS 信号などのバス信号をクリックします。[線形化] タブで [バス要素の選択] をクリックします。

    [バス内の線形化ポイントを選択] ダイアログ ボックスの [バスの階層] セクションで、limits バスを展開して upper_saturation_limit を選択します。limitsOUTPUTBUS 信号内の入れ子のパスです。

    ヒント

    大きなバス内のバス要素を名前に基づいてフィルター処理するには、[名前でフィルター] ボックスに検索テキストを入力できます。名前の一致を判断する比較では大文字小文字を区別します。また、MATLAB® 正規表現 (MATLAB)も入力できます。

    フィルター処理オプションを変更するには、[名前でフィルター] ボックスの横の をクリックします。

     フィルター処理オプション

    選択した信号を [線形化の入力/出力] セクションに追加するには、[追加] をクリックします。既定では、信号が [入力の摂動] 解析ポイントとして設定されます。

    解析ポイントのタイプは [構成] ドロップダウン リストを使用して変更できます。たとえば、線形化の出力ポイントを指定するには、[出力の測定] を選択します。

  3. 同じバス信号内からさらに解析ポイントを追加するには、手順 2 を繰り返します。

    解析ポイントを削除するには、[線形化の入力/出力] セクションで信号を選択して [削除] をクリックします。

    バスに必要な解析ポイントをすべて定義したら、[OK] をクリックします。

  4. 別のバス信号に解析ポイントを指定するには、手順 2 と 3 を繰り返します。

  5. Simulink モデル内に線形解析ポイント インジケーターを表示するには、[線形化] タブの [解析ポイントの挿入] ギャラリーで、[線形化インジケーター] を選択します。

    ソフトウェアは、指定された解析ポイントのタイプを示すグラフィカルな注釈をバス信号に追加します。たとえば、COUNTERBUS 信号に線形化入力を指定して OUTPUTBUS 信号に線形化出力を指定した場合、ソフトウェアは対応する注釈をこれらの信号に追加します。

    同じバス内で複数の要素に異なるタイプの解析ポイントを指定できます。その場合、ソフトウェアは信号に という注釈を追加します。

関連するトピック