最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

線形化結果のトラブルシューティング

期待どおりに線形化しないシステムおよびブロックの修正、特殊なアプリケーションのブロックの線形化

モデルが想定どおりに線形化されない場合は、Simulink® Control Design™ のトラブルシューティング ツールを使用して線形化の問題を診断し、修正することができます。詳細については、線形化のトラブルシューティングの概要を参照してください。線形解析ツールまたはコマンド ラインを使用してモデルを線形化する際、線形化に問題が生じる可能性のあるブロックをモデル内で検出できます。詳細については、一般的な線形化問題の特定と修正を参照してください。

一部の Simulink ブロックでは、良好な線形化結果を得ることができません。一般的に、このようなブロックに対してはカスタム線形化を指定しなければなりません。詳細については、個々のブロックの線形化を指定するタイミングを参照してください。

関数

すべて展開する

advise線形化で問題が生じる可能性のあるブロックの検出
find線形化の結果で特定の条件を満たすブロックを検出
highlightSimulink モデルの線形化パスの強調表示
getBlockInfoブロック線形化の診断情報の取得
getBlockPathsLinearizationAdvisor オブジェクト内のブロックのリストの取得
linqueryAdvise線形化で問題が生じる可能性のあるブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryAllBlocks線形化されたすべてのブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryContributesToLinearizationモデルの線形化結果に寄与するブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasDiagnostics自らの線形化についての診断メッセージをもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasInputs指定された数の入力をもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasOrder指定された数の状態をもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasOutputs指定された数の出力をもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasSampleTime指定されたサンプル時間をもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryHasZeroIOPairゼロに線形化される入力/出力ペアを少なくとも 1 つもつブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsBlockSubstitutedカスタムのブロック線形化が指定されているブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsBlockType指定されたタイプのブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsExact定義された正確な線形化を使用して線形化されたブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsNumericallyPerturbed数値摂動法を使用して線形化されたブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsOnPath線形化パス上にあるブロックを検出するためのクエリ オブジェクト
linqueryIsZeroゼロに線形化するブロックを検出するためのクエリ オブジェクト

オブジェクト

すべて展開する

LinearizationAdvisor線形化結果のトラブルシューティングのための診断情報
BlockDiagnostic個々のブロック線形化に関する診断情報
BlockOperatingPointブロックが線形化される操作点
CompoundQuery線形化の結果で特定のブロックを検出する複雑なクエリ オブジェクト

トピック

トラブルシューティングの基礎

線形化のトラブルシューティングの概要

Simulink モデルを線形化する際に想定どおりの結果が得られない場合、Simulink Control Design のトラブルシューティング ツールを使用して、潜在的な線形化問題を診断し修正することができます。

一般的な線形化問題の特定と修正

線形化アドバイザーを使用して Simulink モデルの線形化のトラブルシューティングを行う。

複雑なモデルの線形化の高速化

複雑な初期化関数をもつ大規模な Simulink モデルおよびブロックが原因で線形化の速度が遅くなる場合があります。

カスタムのブロック線形化

個々のブロックの線形化を指定するタイミング

著しい不連続性をもつブロックなど、一部の Simulink ブロックでは良好な線形化の結果が得られないことがあります。一般的に、このようなブロックに対してはカスタム線形化を指定しなければなりません。

Simulink ブロックのカスタム線形化を指定

この例では、Simulink ブロックまたはサブシステムの線形化を指定する方法を示します。

システム同定を使用したモデル コンポーネントの線形化の指定

System Identification Toolbox™ ソフトウェアを使用すると、適切に線形化されていないモデル コンポーネントの線形システムを特定し、特定されたシステムを使用して線形化を指定できます。

線形化時に摂動するブロックの摂動レベルの変更

解析ヤコビアンが事前にプログラムされていないブロックは、数値摂動法を使用して線形化されます。摂動レベルの変更により線形化の結果が変わります。

特殊な特性をもつモデルとブロック

パルス幅変調信号を使用するモデルの設定

PWM 信号を含むサブシステムは、信号に不連続性があるため適切に線形化されません。

むだ時間をもつモデル

連続むだ時間の正確な表現またはパデ近似を使用してモデルを線形化できます。

マルチレート モデルの線形化

異なるサンプル時間をもつブロックを含む Simulink モデルを線形化することができます。

イベントベースのサブシステムの線形化 (外部でスケジュールされたサブシステム)

線形化は特定の時点において実行されるので、外部でスケジュールされたサブシステムのトリガー イベントが発生することはありません。

非倍精度データ型の信号をもつブロックの線形化

倍精度でない入力または出力をもち、事前にプログラムされた正確な線形化をもたないブロックは、自動的にゼロに線形化されます。このようなブロックを線形化するには、すべての信号を倍精度に変換しなければなりません。

Simscape ネットワークの線形化

Simulink Control Design ソフトウェアを使用して、Simscape™ コンポーネントをもつモデルを線形化することができます。