Main Content

linqueryIsBlockSubstituted

カスタムのブロック線形化が指定されているブロックを検出するためのクエリ オブジェクト

説明

linqueryIsBlockSubstituted は、カスタムのブロック線形化が指定されているすべてのブロックを線形化結果から検出するためのカスタム クエリ オブジェクトを作成します。

Simulink® モデルを線形化する際、個々のブロック線形化に関する診断情報を含む LinearizationAdvisor オブジェクトを作成できます。特定の条件を満たすブロック線形化を検出するには、カスタム クエリ オブジェクトを指定して関数 find を使用します。あるいは、モデル線形化器で線形化アドバイザーを使用して線形化の診断を解析することもできます。線形化の結果から特定のブロックを検出する方法の詳細については、線形化の結果で特定の条件に一致するブロックの検出を参照してください。

作成

説明

query = linqueryIsBlockSubstituted は、カスタムのブロック線形化が指定されているすべてのブロックを LinearizationAdvisor オブジェクトから検出するためのクエリ オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

クエリ タイプ。'Block Substituted' として指定します。

クエリの説明。'Blocks Linearized with Block Substitution' として指定します。このプロパティを使用してクエリ オブジェクトに独自の説明を追加できます。

使用法

linqueryIsBlockSubstituted クエリ オブジェクトを作成した後、次を行うことができます。

  • linqueryIsBlockSubstituted クエリを find コマンドで直接使用して、LinearizationAdvisor オブジェクト内にある、指定されたカスタムの線形化をもつブロックをすべて検出します。

  • linqueryIsBlockSubstituted クエリを他のクエリ オブジェクトと論理的に組み合わせて、CompoundQuery オブジェクトを作成します。

オブジェクト関数

find線形化の結果で特定の条件を満たすブロックを検出

すべて折りたたむ

Simulink モデルを読み込みます。

mdl = 'scdpwmCustom';
load_system(mdl)

モデルを線形化して LinearizationAdvisor オブジェクトを取得します。

opts = linearizeOptions('StoreAdvisor',true);
[sys,op,info] = linearize(mdl,getlinio(mdl),opts);
advisor = info.Advisor;

クエリ オブジェクトを作成し、代替の線形化をもつすべてのブロックを検出します。

qSub = linqueryIsBlockSubstituted;
advSub = find(advisor,qSub)
advSub = 
  LinearizationAdvisor with properties:

               Model: 'scdpwmCustom'
      OperatingPoint: [1x1 opcond.OperatingPoint]
    BlockDiagnostics: [1x1 linearize.advisor.BlockDiagnostic]
           QueryType: 'Block Substituted'

代替機能

アプリ

モデル線形化器の線形化アドバイザーを使用して、線形化の結果で特定のブロックを見つけるカスタム クエリを作成することもできます。詳細については、線形化の結果で特定の条件に一致するブロックの検出を参照してください。

バージョン履歴

R2017b で導入