Main Content

linqueryAllBlocks

線形化されたすべてのブロックを検出するためのクエリ オブジェクト

説明

linqueryAllBlocks は、LinearizationAdvisor オブジェクトにリストされている線形化されたすべてのブロックを検出するためのカスタム クエリ オブジェクトを作成します。

Simulink® モデルを線形化する際、個々のブロック線形化に関する診断情報を含む LinearizationAdvisor オブジェクトを作成できます。特定の条件を満たすブロック線形化を検出するには、カスタム クエリ オブジェクトを指定して関数 find を使用します。あるいは、モデル線形化器で線形化アドバイザーを使用して線形化の診断を解析することもできます。線形化の結果から特定のブロックを検出する方法の詳細については、線形化の結果で特定の条件に一致するブロックの検出を参照してください。

このクエリ オブジェクトを find コマンドで使用すると、find が返す LinearizationAdvisor オブジェクトに入力の LinearizationAdvisor オブジェクトと同じブロックが含まれます。したがって linqueryAllBlocks を使用する必要はありません。このコマンドは、モデル線形化器の線形化アドバイザーによって使用されるユーティリティ関数です。

作成

説明

query = linqueryAllBlocks は、LinearizationAdvisor オブジェクトにリストされている線形化されたすべてのブロックを検出するためのクエリ オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

クエリ タイプ。'All Blocks' として指定します。

クエリの説明。'All Linearized Blocks' として指定します。

オブジェクト関数

find線形化の結果で特定の条件を満たすブロックを検出

すべて折りたたむ

Simulink モデルを読み込みます。

mdl = 'scdpwm';
load_system(mdl)

モデルを線形化して LinearizationAdvisor オブジェクトを取得します。

opts = linearizeOptions('StoreAdvisor',true);
[sys,op,info] = linearize(mdl,getlinio(mdl),opts);
advisor = info.Advisor;

クエリ オブジェクトを作成し、線形化されたすべてのブロックを検出します。

qAll = linqueryAllBlocks;
advAll = find(advisor,qAll)
advAll = 
  LinearizationAdvisor with properties:

               Model: 'scdpwm'
      OperatingPoint: [1x1 opcond.OperatingPoint]
    BlockDiagnostics: [1x10 linearize.advisor.BlockDiagnostic]
           QueryType: 'All Blocks'

代替機能

アプリ

モデル線形化器の線形化アドバイザーを使用して、線形化の結果で特定のブロックを見つけるカスタム クエリを作成することもできます。詳細については、線形化の結果で特定の条件に一致するブロックの検出を参照してください。

バージョン履歴

R2017b で導入