Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル線形化器からの線形化用のMATLAB コードの生成

このトピックでは、モデル線形化器で線形化を行うための MATLAB® コードを生成する方法を説明します。MATLAB スクリプトまたは MATLAB 関数を生成できます。対話的に取得した線形化の結果をプログラムによって再現するには、生成された MATLAB スクリプトを使用できます。線形化の構成の体系的変化により複数の線形化を実行するには、生成された MATLAB 関数を使用できます。

線形化のための MATLAB コードを生成するには、以下を実行します。

  1. モデル線形化器[線形解析] タブで、線形化のための解析ポイント、操作点およびパラメーター変動を対話的に構成します。

  2. [線形化] セクションで、 をクリックしてギャラリーを展開します。

  3. ギャラリーで、作成するコードのタイプに応じて次をクリックします。

    生成コードを含む MATLAB ファイルが作成され、MATLAB エディターでそのファイルが開きます。

  4. MATLAB エディターで、このファイルを編集して保存することができます。

参考

関数

アプリ

関連するトピック