Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

setlinio

Simulink モデル、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに線形解析ポイントを保存

説明

setlinio(mdl,io) は、io に指定された解析ポイントを Simulink® モデル mdl に書き込みます。

setlinio(blockpath,io) は、指定された解析ポイントを指定の Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに設定します。

oldio = setlinio(___) は、前の構文のいずれかを使用してモデルまたはブロック内の解析ポイントの現在のセットを返し、io に置き換えます。

すべて折りたたむ

Simulink モデルを開きます。

model = 'magball';
open_system(model)

プラント モデルを線形化するための解析ポイントのベクトルを作成します。

  • Controller ブロックの出力での入力の摂動

  • Magnetic Ball Plant ブロックの出力での開ループ出力

io(1) = linio('magball/Controller',1,'input');
io(2) = linio('magball/Magnetic Ball Plant',1,'openoutput');

magball モデルに解析ポイントを書き込みます。

setlinio(model,io);

io 内の解析ポイントがモデルに注釈として追加されます。その後でモデルを保存して、モデルに解析ポイントを格納することができます。

Simulink モデルを開きます。

open_system('scdcstr')

冷却水温度と残留濃度の間の伝達関数を見つけるための解析ポイントを作成します。

  • Coolant Temp ブロックの出力での入力の摂動

  • CSTR ブロックの CA 出力での出力の測定

io(1) = linio('scdcstr/Coolant Temp',1,'input');
io(2) = linio('scdcstr/CSTR',2,'output');

Bode Plot ブロックで解析ポイントを設定します。

setlinio('scdcstr/Bode Plot',io);

Bode Plot ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスで解析ポイントを表示します。

open_system('scdcstr/Bode Plot')

シミュレーション時、ソフトウェアは指定された解析を使ってモデルをシミュレートし、結果の線形システムのゲイン応答と位相応答をプロットします。

Simulink モデルを開きます。

mdl = 'scdpwm';
open_system(mdl)

このモデルには、PWM ブロックとプラント ブロックの組み合わせ伝達関数を見つけるための解析ポイントが設定されています。

プラント モデルのみの伝達関数を見つけるための解析ポイントを作成します。

io(1) = linio('scdpwm/Voltage to PWM',1,'input');
io(2) = linio('scdpwm/Plant Model',1,'output');

モデルに解析ポイントを格納して、前の解析ポイント構成を保存します。

oldio = setlinio(mdl,io)
2x1 vector of Linearization IOs: 
--------------------------
1. Linearization input perturbation located at the following signal:
- Block: scdpwm/Step
- Port: 1
2. Linearization output measurement located at the following signal:
- Block: scdpwm/Plant Model
- Port: 1

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink モデル名。文字ベクトルまたは string として指定します。モデルは現在の作業フォルダー内または MATLAB® パス上になければなりません。

モデルが開いていない場合やメモリに読み込まれていない場合、setlinio はモデルをメモリに読み込みます。

解析ポイント セット。線形化 I/O オブジェクトまたは線形化 I/O オブジェクトのベクトルとして指定します。

各線形化 I/O オブジェクトには次のプロパティがあります。

プロパティ説明
Active

線形化に解析ポイントを使用するかどうかを示すフラグ。次のいずれかとして指定します。

  • 'on' — 線形化に解析ポイントを使用します。この値が既定のオプションです。

  • 'off' — 線形化に解析ポイントを使用しません。既存の解析ポイント セットがあり、そのポイントのサブセットを使ってモデルを線形化する場合にこのオプションを使用します。

Block

解析ポイントが関連付けられるブロックの絶対ブロック パス。文字ベクトルとして指定します。

PortNumber

解析ポイントが関連付けられる出力端子。整数として指定します。

Type

解析ポイントのタイプ。次のいずれかとして指定します。

  • 'input' — 入力の摂動

  • 'output' — 出力の測定値

  • 'loopbreak' — ループの中断

  • 'openinput' — 開ループの入力

  • 'openoutput' — 開ループの出力

  • 'looptransfer' — ループ伝達

  • 'sensitivity' — 感度

  • 'compsensitivity' — 相補感度

解析ポイントのタイプの詳細については、モデルの一部を線形化するよう指定を参照してください。

BusElement

解析ポイントが関連付けられるバス要素名。文字ベクトル、または解析ポイントがバス要素でない場合は '' として指定します。

Description

ユーザー指定の解析ポイントの説明。ユーザーがわかりやすいように設定できます。文字ベクトルとして指定します。

Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロック。絶対ブロック パスを含む文字ベクトルまたは string として指定します。ブロックを含むモデルは、現在の作業フォルダー内または MATLAB パス上になければなりません。

詳細については、それぞれ以下を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

古い解析ポイント セット。線形化 I/O オブジェクト、または線形化 I/O オブジェクトのベクトルとして返されます。

代替機能

Simulink モデル

解析ポイントを Simulink モデル内に直接指定することもできます。詳細については、Simulink モデルでモデルの一部を線形化する指定を参照してください。

R2006a より前に導入