Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Initialize Function、Reset Function、および Terminate Function ブロックの使用

この例では、Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、および Terminate Function ブロックを使用して、Simulink モデルの状態を読み書きする方法を示します。ブロック設定を構成する方法の詳細については、初期化関数、リセット関数および終了関数の使用を参照してください。

参考

| | | | | |

関連するトピック