ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

内挿

グリッド付きデータと散布データの内挿、データのグリッド化、区分的多項式

内挿は、既知のデータ点の集合の範囲内に新しいデータ点を追加する手法です。内挿を使用して、欠損データの補間、既存データの平滑化、予測などを行うことができます。MATLAB® での内挿は、グリッド上のデータ点に対する手法と、散布データ点に対する手法に分かれます。

関数

すべて展開する

interp11 次データ内挿 (テーブル ルックアップ)
interp2meshgrid 形式の 2 次元グリッド データの内挿
interp3meshgrid 形式の 3 次元グリッド データの内挿
interpnndgrid 形式の 1 次元、2 次元、3 次元、N 次元グリッド データの内挿
griddedInterpolantグリッド データの内挿
pchip区分的 3 次エルミート内挿多項式 (PCHIP)
spline3 次スプライン データ内挿
ppval区分的多項式の計算
mkpp区分的多項式の作成
unmkpp区分的多項式の詳細の抽出
padecoef時間遅延のパデ近似
interpft1 次元内挿 (FFT 法)
ndgridN 次元空間での四角形のグリッド
meshgrid2 次元および 3 次元のグリッド
griddata2 次元または 3 次元の散布データの内挿
griddatanN 次元散布データの内挿
scatteredInterpolant2 次元または 3 次元の散布データの内挿

トピック

グリッド付き散布サンプル データ

グリッド付き散布データセットの内挿の紹介。

グリッド データの内挿

軸に平行に等間隔で並んだデータセットの内挿。

散布データの内挿

scatteredInterpolant を使用した散布データの内挿。

注目の例