ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unmkpp

区分的多項式の詳細の抽出

説明

[breaks,coefs,L,order,dim] = unmkpp(pp) は区分的多項式の構造体 pp のフィールドから情報を抽出します。

すべて折りたたむ

区間 [0 3] で多項式 f(x)=x2+x+1 の区分的多項式の構造体を作成し、構造体のフィールドから情報を抽出します。

pp = mkpp([0 3],[1 1 1])
pp = struct with fields:
      form: 'pp'
    breaks: [0 3]
     coefs: [1 1 1]
    pieces: 1
     order: 3
       dim: 1

[breaks,coefs,L,order,dim] = unmkpp(pp)
breaks = 1×2

     0     3

coefs = 1×3

     1     1     1

L = 1
order = 3
dim = 1

入力引数

すべて折りたたむ

区分的多項式。構造体として指定します。pp は、splinepchipinterp1、またはスプライン ユーティリティ関数 mkpp を使用して作成できます。

出力引数

すべて折りたたむ

ブレーク ポイント。長さ L+1 のベクトルとして返されます。このベクトルの要素は、厳密に増加し、L 個の各区間の開始と終了を表します。

多項式係数。Lk 列の行列として返されます。各行 coefs(i,:) は、i 番目の区間 [breaks(i),breaks(i+1)] における k 次多項式の局所的な係数を含みます。

区間数。スカラーとして返されます。

多項式の次数。スカラーとして返されます。

ターゲットの次元。スカラーまたはベクトルとして返されます。

拡張機能

参考

| | |

R2006a より前に導入