Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Image Processing Toolbox での DICOM サポート

Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) 標準は、American College of Radiology (ACR) と National Electrical Manufacturers Association (NEMA) の共同プロジェクトです。この標準は、インターチェンジ メディアに保管されたイメージや関連情報へのアクセスを容易にするために、一連のメディア ストレージ サービス、ファイル形式、および医療ディレクトリ構造体を指定することで、画像診断機器間の相互運用性を促進します。この標準の詳細については、公式の DICOM Web サイトを参照してください。

MATLAB® では、DICOM 形式のファイルを操作するために以下のサポートを提供しています。

  • DICOM 標準に準拠するファイルを読み取る

  • 以下の 3 種類の DICOM ファイル、または DICOM 情報オブジェクト (IOC) を検証機能付きで書き込む

    • セカンダリ キャプチャ (既定の設定)

    • 磁気共鳴

    • コンピューター断層撮影

  • ファイルへのデータの書き込み時に createmode フラグを 'copy' に設定することにより、検証なしでその他多くの種類の DICOM ファイルを書き込む

メモ

MATLAB は、DICOM ファイルの操作をサポートしています。DICOM ネットワーク機能の操作のサポートはありません。

参考

アプリ

関数

関連するトピック