ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DICOM ブラウザー

DICOM ファイルのコレクションの探索

説明

DICOM Browser アプリでは、DICOM ファイルのコレクションの内容を調べることができます。アプリは分析と系列別にイメージを並べ替えます。系列を選択して MATLAB ワークスペースに保存できます。DICOM ブラウザーは、カラーマップと空間の詳細用に別々の変数と共にデータをボリュームとして保存します。

DICOM ブラウザー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [DICOM ブラウザー] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: dicomBrowser と入力します。

すべて展開する

DICOM ブラウザーを開き、サンプル イメージ フォルダーから DICOM ファイルを表示します。

dicomBrowser(fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata'))

DICOM ブラウザーを開き、DICOMDIR ファイルを使用して DICOM フォルダーを探索します。

dicomBrowser(fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata/DICOMDIR'))

プログラムによる使用

すべて展開する

dicomBrowser は、DICOM ファイルのコレクションの内容を調べるために DICOM ブラウザー アプリを開きます。

dicomBrowser(DIR) は、DICOM ブラウザー アプリを開き、DIR フォルダーとそのサブフォルダーにあるファイルの詳細を表示します。DIR には、絶対パス名、ファイルへの相対パス名、または MATLAB 検索パス上のファイル名を含めることができます。

dicomBrowser(DICOMDIR) は、DICOM ブラウザー アプリを開き、DICOMDIR という名前の DICOM ディレクトリ ファイルから詳細を収集します。DICOM ディレクトリ ファイルは、CD / DVD ROM などのリムーバブル メディアに格納された DICOM ファイルのコレクションのディレクトリとして機能する特殊な DICOM ファイルです。DICOMDIR には、ファイルへの絶対パス名または相対パス名を含めることができます。このファイルの名前は、ファイル拡張子のない DICOMDIR です。

R2017b で導入