Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

DICOM ファイルへのイメージ データの書き込み

イメージ データまたはメタデータを DICOM 形式のファイルに書き込むには、関数 dicomwrite を使用します。この例では、イメージ I を DICOM ファイル ankle.dcm に書き込みます。

dicomwrite(I,'ankle.dcm')

イメージ データにメタデータを含める

DICOM ファイルにイメージ データを書き込む場合、dicomwrite では、作成される DICOM 情報オブジェクト (IOD) の種類によってそれぞれ必要なメタデータ フィールドの最小セットが自動的に含められます。dicomwrite では、完全な検証機能付きの以下の DICOM IOD がサポートされています。

  • セカンダリ キャプチャ (既定の設定)

  • 磁気共鳴

  • コンピューター断層撮影

dicomwrite は、その他多くの種類の DICOM データ (X 線、放射線治療、核医学など) をファイルに書き込むことができます。ただし、dicomwrite はこのデータの検証を行いません。

dicominfo を使用して取得した既存の DICOM メタデータ構造体を dicomwrite に渡すことで、ファイルに書き込むメタデータを指定することもできます。次の例では、関数 dicomwrite はメタデータ構造体 info 内の関連情報を新しい DICOM ファイルに書き込みます。

info = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
I = dicomread(info);
dicomwrite(I,'ankle.dcm',info)

ファイルに書き込まれるメタデータは、info 構造体内のメタデータとまったく同じではありません。ファイルにメタデータを書き込む場合、dicomwrite によって更新されなければならないフィールドがあります。このことを説明するために、元のメタデータのインスタンス ID を新しいファイルの ID と比較します。

info.SOPInstanceUID
ans =

1.2.840.113619.2.1.2411.1031152382.365.1.736169244

次に、dicominfo を使用して、新しく作成した DICOM ファイルのメタデータを読み取り、SOPInstanceUID フィールドを確認します。

info2 = dicominfo('ankle.dcm');

info2.SOPInstanceUID
ans =

1.2.841.113411.2.1.2411.10311244477.365.1.63874544

新しく作成したファイルのインスタンス ID は、元のファイル内の ID とは異なることに注意してください。

値表現の指定

DICOM メタデータの各フィールド ("属性" または "データ要素") には、その属性を識別するタグ、属性の長さに関する情報、および属性データが含まれています。属性にはオプションで、属性データの形式を指定する 2 文字の値表現 (VR) が含まれます。たとえば、この形式は、単精度 2 進浮動小数点数、10 進数整数を表す文字ベクトル、または日付と時刻形式の文字ベクトルとすることができます。

dicomwrite を使用する場合に属性に VR を含めるには、名前と値のペアの引数 'VR''explicit' として指定します。VR を指定しない場合、dicomwrite はデータ ディクショナリから値表現を推定します。

次の図は、VR を含めた属性と、含めない属性を示しています。

参考

アプリ

関数

関連するトピック