Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DICOM ファイルからのメタデータの読み取り

DICOM ファイルには、サイズ、次元、ビット深度、データの作成に使用したモダリティ、およびイメージのキャプチャに使用した装置の設定など、イメージ データに関する情報を提供するメタデータが含まれます。DICOM ファイルからメタデータを読み取るには、関数 dicominfo を使用します。dicominfo は、各フィールドに DICOM メタデータの特定部分が含まれる MATLAB® 構造体で情報を返します。dicominfo で返されたメタデータ構造体は、関数 dicomread を使用して読み取る DICOM ファイルの指定に使用できます。DICOM ファイルからのイメージ データの読み取りを参照してください。デバッグのために DICOM ファイルのメタデータを表示するだけの場合、関数 dicomdisp を使用できます。

以下の例では、ツールボックスに含まれるサンプルの DICOM ファイルからメタデータを読み取ります。

info = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm')
info = 

                          Filename: [1x89 char]
                       FileModDate: '18-Dec-2000 11:06:43'
                          FileSize: 525436
                            Format: 'DICOM'
                     FormatVersion: 3
                             Width: 512
                            Height: 512
                          BitDepth: 16
                         ColorType: 'grayscale'
    FileMetaInformationGroupLength: 192
        FileMetaInformationVersion: [2x1 uint8]
           MediaStorageSOPClassUID: '1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7'
        MediaStorageSOPInstanceUID: [1x50 char]
                 TransferSyntaxUID: '1.2.840.10008.1.2'
            ImplementationClassUID: '1.2.840.113619.6.5'
                                .
                                .
                                .

DICOM プライベート メタデータ

DICOM 仕様では、これらのメタデータ フィールドの多くを定義していますが、ファイルにはプライベート メタデータと呼ばれる追加のフィールドが含まれる場合があります。このプライベート メタデータは、通常、装置のベンダーがデータの詳細を提供するために定義します。

dicominfo は、DICOM ファイルでプライベート メタデータ フィールドが検出されると、そのメタデータのグループ タグと要素タグに基づきそのフィールドに対して一般的な名前を作成し、メタデータを返します。たとえば、グループ 0009、要素 0006 の位置にプライベート メタデータが含まれるファイルの場合、dicominfoPrivate_0009_0006 という名前を作成します。dicominfo は、可能であればプライベート メタデータの解釈を試みます。たとえば、メタデータに文字が含まれる場合、dicominfo はデータを処理します。データを解釈できない場合は、dicominfo は一連のバイトを返します。

プライベート メタデータを使用するメーカーによって作成された DICOM ファイルを処理する必要があり、フィールドの正しい名前とデータの両方を表示したい場合、DICOM データ ディクショナリの独自のコピーを作成し、プライベート メタデータの定義が含まれるようにそれを更新します。通常、ベンダーによって DICOM 準拠のステートメントで提供されるプライベート メタデータに関する情報が必要になります。DICOM ディクショナリの更新の詳細は、DICOM ディクショナリの独自のコピーの作成を参照してください。

DICOM ディクショナリの独自のコピーの作成

MathWorks® では、数千の標準 DICOM メタデータ フィールドの定義を含む DICOM ディクショナリを使用します。DICOM ファイルに、このディクショナリに定義されていないメタデータが含まれる場合、それらのプライベート メタデータ フィールドを含む独自のコピーを作成し、ディクショナリを更新できます。

独自のディクショナリを作成するには、以下の手順に従います。

  1. MATLAB に含まれる DICOM ディクショナリのテキスト バージョンのコピーを作成します。dicom-dict.txt と呼ばれるこのファイルは、使用している Image Processing Toolbox ソフトウェアのバージョンにより、matlabroot/toolbox/images/medformats または matlabroot/toolbox/images/iptformats にあります。ディクショナリの MAT ファイル バージョン dicom-dict.mat の編集はしないでください。

  2. DICOM ディクショナリのコピーを編集し、メタデータのエントリを追加します。グループおよび要素タグ、型、およびその他の情報を使用して新しいメタデータ フィールドを挿入します。ファイル内の他のエントリの形式に従います。メタデータの作成者 (装置のベンダーなど) は、この情報をユーザーに提供しなければなりません。

  3. ディクショナリのコピーを保存します。

  4. ユーザーの DICOM ディクショナリのコピーである関数 dicomdict を使用するように MATLAB を設定します。