最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DICOM ファイルからのイメージ データの読み取り

DICOM ファイルからイメージ データを読み取るには、関数 dicomread を使用します。関数 dicomread は、DICOM 仕様に準拠するファイルを読み取りますが、特定の非準拠ファイルも読み取ることができます。

dicomread を使用する場合、以下の例のようにファイル名を引数として指定できます。この例では、ツールボックスに含まれるサンプルの DICOM ファイルを読み取ります。

I = dicomread('CT-MONO2-16-ankle.dcm');

次の例のように、dicominfo によって返されたメタデータ構造体を使用して、読み取るファイルを指定することもできます。

info = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
I = dicomread(info);

DICOM イメージの表示

DICOM ファイルからインポートしたイメージ データを表示するには、ツールボックスのイメージ表示関数 imshow または imtool のいずれかを使用します。ただし、DICOM ファイルのイメージ データは符号付き 16 ビット データであるため、イメージを表示可能にするためには、それらの表示関数のいずれかで自動スケーリング構文を使用しなければなりません。

imshow(I,'DisplayRange',[])