Main Content

createMask

dicomContours オブジェクトからのボリューム マスクの作成

説明

BW = createMask(rtContours,roiIndex,spatial) は、ボリューム マスク BW (指定された ROI roiIndex のボクセル表現) を dicomContours オブジェクト rtContours から作成します。roiIndex 引数は、rtContours 内のどの輪郭を基にマスクを作成するかを指定します。spatial は、3 次元データの位置、解像度、方向をワールド座標で指定します。

すべて折りたたむ

DICOM-RT 構造体セット ファイルのメタデータを読み取ります。

info = dicominfo("rtstruct.dcm");

メタデータから dicomContours オブジェクトを構築します。

rtContours = dicomContours(info);

すべての ROI 情報をテーブルとして表示します。

rtContours.ROIs
ans=2×5 table
    Number          Name           ContourData    GeometricType       Color    
    ______    _________________    ___________    _____________    ____________

      1       {'Body_Contour' }    {90×1 cell}     {90×1 cell}     {3×1 double}
      2       {'Tumor_Contour'}    {21×1 cell}     {21×1 cell}     {3×1 double}

関数 plotContours を使用して、すべての ROI の輪郭をプロットします。この関数はワールド座標の輪郭をプロットします。

plotContour(rtContours)

Figure contains an axes object. The axes object contains 111 objects of type line.

イメージが輪郭と同じスペースに収まるよう、plotContours プロットと同じワールド座標範囲で imref3d オブジェクトを作成します。

referenceInfo = imref3d([128 128 50],xlim,ylim,zlim);

rtContours から、imref3d オブジェクトによって指定された空間参照を使用して、最初の輪郭の 3 次元 logical マスク 'Body_Contour' を作成します。

contourIndex = 1;
rtMask = createMask(rtContours,contourIndex,referenceInfo);

マスクをボリューム イメージとして表示します。

volshow(rtMask);

入力引数

すべて折りたたむ

DICOM 輪郭。dicomContours オブジェクトとして指定します。

データ型: dicomContours

DICOM 輪郭オブジェクト内の ROI。正の整数、文字ベクトル、または string スカラーとして指定します。この値は、dicomContours オブジェクトの ROI テーブル内でどの ROI 識別子を使用するかによって変わります。

ROI 識別子
NumberrtContours オブジェクトの ROI テーブル内の ROI の行。正の整数として指定します。Number は、ROI テーブルの最初の列です。rtMask = createMask(rtContours,1,spatialInfo)
Name rtContours オブジェクトの ROI テーブル内の ROI の名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。Name は、ROI テーブルの 2 番目の列です。rtMask = createMask(rtContours,"Body_Contour",spatialInfo)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char | string

空間参照情報。構造体または imref3d オブジェクトとして指定します。dicomreadVolume によって返される構造体で、フィールドとして PatientPositionPixelSpacingPatientOrientation を含むものを使用できます。空間参照情報は、3 次元座標データの位置、解像度、および方向を提供します。

出力引数

すべて折りたたむ

ボリューム マスク。3 次元 logical 配列として返されます。このマスクは、spatial によって定義される固有イメージ座標系を使用します。

バージョン履歴

R2020b で導入