Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

convertToInfo

DICOM メタデータへの ROI データの書き込み

説明

info = convertToInfo(contour) は、dicomContours オブジェクト内の関心領域 (ROI) データを使用して、DICOM-RT 構造体セット ファイルのメタデータを作成します。この関数は、dicomContours オブジェクトの ROIs プロパティを解析します。そして、既存の DICOM メタデータの構造体セットと ROI 輪郭モジュールへ適切に書き込みます。

すべて折りたたむ

この例では、ROI 輪郭シーケンスを既存の ROI データに追加し、新しい ROI データを DICOM-RT 構造体セット形式にエクスポートする方法を説明します。

DICOM-RT 構造体セット ファイルから DICOM メタデータを読み取ります。

info = dicominfo('rtstruct.dcm');

DICOM メタデータの構造体セットと ROI 輪郭モジュールから、ROI データを抽出します。出力は、抽出した ROI データを格納する dicomContours オブジェクトです。

contourIn = dicomContours(info);

dicomContours オブジェクトの ROIs プロパティを表示します。

contourIn.ROIs
ans=2×5 table
    Number          Name           ContourData    GeometricType       Color    
    ______    _________________    ___________    _____________    ____________

      1       {'Body_Contour' }    {90x1 cell}     {90x1 cell}     {3x1 double}
      2       {'Tumor_Contour'}    {21x1 cell}     {21x1 cell}     {3x1 double}

別の ROI 輪郭データをワークスペースに読み込みます。この輪郭データには、ROI 内の輪郭の 3 次元座標が含まれています。

load('contours')

新しい ROI 輪郭データを含む ROI シーケンスを作成するには、その属性を指定します。属性は、以下のとおりです。

  • ROI 番号

  • ROI のユーザー定義名

  • 輪郭の幾何学的タイプ

ROI シーケンスに一意な番号を割り当てます。ROI 名は任意のユーザー定義名にすることができます。新しい ROI 輪郭データ内のすべての点は同一平面上にあり、最後の点は最初の点に接続されています。そのため、幾何学的タイプは 'Closed_planar' と指定します。

number = 3;
name = 'Organ';
geometricType = 'Closed_planar';

dicomContours オブジェクトの ROIs プロパティに、新しい ROI シーケンスを追加します。出力も dicomContours オブジェクトであり、新しい ROI シーケンスと元のシーケンスが含まれます。

contourOut = addContour(contourIn,number,name,contours,geometricType);
contourOut.ROIs
ans=3×5 table
    Number          Name           ContourData    GeometricType       Color    
    ______    _________________    ___________    _____________    ____________

      1       {'Body_Contour' }    {90x1 cell}     {90x1 cell}     {3x1 double}
      2       {'Tumor_Contour'}    {21x1 cell}     {21x1 cell}     {3x1 double}
      3       {'Organ'        }    {21x1 cell}     {21x1 cell}     {0x0 double}

変更済みの ROI データを DICOM メタデータにエクスポートします。

info = convertToInfo(contourOut);

関数 dicomwrite を使用して、DICOM-RT 構造体セット ファイルにメタデータを書き込みます。ROI 輪郭データに関連付けられた DICOM イメージが利用できない場合は、関数 dicomwrite の 1 番目の入力引数を空に設定します。メタデータを新しい DICOM-RT 構造体セット ファイル rtfile.dcm にコピーするため、'CreateMode' パラメーターを 'copy' に設定します。

dicomwrite([],'rtfile.dcm',info,'CreateMode','copy');

入力引数

すべて折りたたむ

ROI データ。dicomContours オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

DICOM メタデータ。構造体配列として返されます。

参考

オブジェクト

関数

R2020a で導入