Main Content

ターゲット ハードウェア用のカスタム ソフトウェア

ハードウェア プラットフォームに対する MATLAB® 設計および Simulink® 設計の展開用ソフトウェアの作成

ハードウェア プラットフォームに対する MATLAB 設計および Simulink 設計の展開を有効化またはサポートするソフトウェアを作成します。フォルダーとファイルの規則、ソフトウェア コンポーネント、ビルド プロセスでの情報の受け渡しを把握します。

次のことを実行できます。

  • ビルド プロセスのカスタム ツールチェーンを登録する。

  • ターゲット ハードウェア用に XCP サーバー ソフトウェアをカスタマイズする。

  • コード生成の仮定の有効性をチェックするターゲット ハードウェア アプリケーションを作成する。

target パッケージを使用して、次のことができます。

  • サポートされるハードウェアの範囲を拡大する。

  • エクスターナル モードおよびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション用に Simulink とターゲット ハードウェアの間の接続を指定する。

開発の目的を満たし、コード生成を制御するために、システム ターゲット ファイルをカスタマイズできます。

パッケージ

targetターゲット ハードウェア情報とビルド ツール情報の管理 (R2019a 以降)

クラス

すべて展開する

target.APIAPI の詳細を記述 (R2020b 以降)
target.APIImplementationAPI 実装の詳細を記述 (R2020b 以降)
target.Boardハードウェア ボードの詳細を提供 (R2020b 以降)
target.BuildDependenciesC および C++ ビルドの依存関係を記述し、ターゲット ハードウェアと関連付け (R2020b 以降)
target.CommandMATLAB コンピューター上で実行するためのシステム コマンドを取得 (R2020b 以降)
target.CommunicationInterfaceターゲット ハードウェアのデータ I/O の詳細を記述 (R2020b 以降)
target.CommunicationProtocolStack通信プロトコル パラメーターを記述 (R2020b 以降)
target.EmulatorProvide target emulator details (R2023b 以降)
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供 (R2019a 以降)
target.Objectターゲット タイプの基底クラス (R2019b 以降)
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供 (R2019a 以降)
target.CommunicationChannel通信チャネルのプロパティを記述 (R2020b 以降)
target.RS232Channelシリアル通信チャネルを記述 (R2020b 以降)
target.TCPChannelTCP 通信のプロパティを記述 (R2020b 以降)
target.ExternalModeエクスターナル モード プロトコル スタックの表現 (R2021a 以降)
target.ExternalModeConnectivityエクスターナル モードの接続オプションの基底クラス (R2021a 以降)
target.TargetConnectionターゲット ハードウェアへの MATLAB コンピューターの接続に関する詳細を提供 (R2020b 以降)
target.XCPターゲット ハードウェアの XCP プロトコル スタックの記述 (R2021a 以降)
target.XCPExternalModeConnectivityエクスターナル モード プロトコル スタックの接続性オプションの表現 (R2021a 以降)
target.XCPPlatformAbstractionターゲット ハードウェアの XCP プラットフォーム抽象化レイヤーの指定 (R2021a 以降)
target.XCPSerialTransportXCP シリアル トランスポート プロトコル層の表現 (R2021a 以降)
target.XCPTCPIPTransportXCP TCP/IP トランスポート プロトコル層の表現 (R2021a 以降)
target.XCPTransportXCP トランスポート プロトコル層の基底クラス (R2021a 以降)

関数

すべて展開する

slConfigUIGetVal任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターについての現在の値を返す
slConfigUISetEnabled任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターを有効化または無効化
slConfigUISetVal任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターの値を設定
extmodeBackgroundRunエクスターナル モードのバックグラウンド アクティビティの実行
extmodeEventエクスターナル モードのイベント トリガー
extmodeGetFinalSimulationTimeエクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーの最終シミュレーション時間を取得
extmodeInitエクスターナル モードのターゲット接続性の初期化
extmodeParseArgsエクスターナル モードの抽象化レイヤーによってサポートされているコンフィギュレーション パラメーターの値を抽出
extmodeResetエクスターナル モードのターゲット接続性のリセット
extmodeSetFinalSimulationTimeエクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーでの最終シミュレーション時間の設定
extmodeSimulationCompleteエクスターナル モードのシミュレーションが完了していることを確認
extmodeStopRequestedエクスターナル モード シミュレーションの停止要求をモデルから受信するかどうかをチェック
extmodeWaitForHostRequest開発コンピューターからのエクスターナル モード シミュレーションの開始または停止要求を待機

トピック

カスタム ターゲット ハードウェア サポート

target Package を使用した開発のサポート

システム ターゲット ファイルを使用した開発のサポート