Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ターゲット開発

MATLAB® および Simulink® の設計をハードウェア プラットフォームに配布するカスタム ソフトウェアの開発

MATLAB および Simulink の設計をターゲット ハードウェアに配布するソフトウェアを作成します。アプリケーションのプロトタイプを作成、検証し、ハードウェアに配布するタスクを実行します。

トピック

カスタムのターゲット

MATLAB 設計および Simulink 設計をハードウェア プラットフォームに配布するソフトウェアを作成します。

ターゲット開発フォルダー、ファイルおよびビルド

カスタム システム ターゲット ファイルの開発をビルド プロセスで作成および使用するフォルダーとファイルに関連付け。

カスタム ターゲットのサンプル

ターゲット開発の開始点として使用できるカスタム システム ターゲット ファイルのサンプル。

テンプレート makefile のカスタマイズ

ビルド プロセスを制御するカスタム テンプレート makefile を開発します。

システム ターゲット ファイルのカスタマイズ

開発の目的を満たし、コード生成を制御するカスタム システム ターゲット ファイルを開発します。

カスタム ターゲットのオプション機能

ツールチェーン準拠やモデル参照準拠など、コード生成機能と準拠するためのカスタム システム ターゲット ファイルに対するオプション機能のサポートを追加します。

デバイス ドライバー

リアルタイム開発プロジェクトの一部としてデバイス ドライバーを使用します。