Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target.TargetConnection クラス

パッケージ: target

ターゲット ハードウェアへの MATLAB コンピューターの接続に関する詳細を提供

説明

target.Connection から機能を継承する target.TargetConnection クラスを使用して、ターゲット ハードウェアへの MATLAB® コンピューターの接続に関する詳細情報を提供します。たとえば、ターゲット ハードウェアとの通信に必要な通信チャネルや接続プロパティなどです。

target.TargetConnection オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

接続オブジェクトの名前。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

使用されるチャネルのタイプについて記述する target.CommunicationChannel オブジェクトと接続を関連付けます。たとえば、シリアルまたは TCP チャネルのプロパティを指定するには、それぞれ target.RS232Channel または target.TCPChannel を使用します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

MATLAB コンピューターに接続されているターゲット ハードウェアについて記述する、target.Board オブジェクトと接続を関連付けます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ターゲット ハードウェアに接続するために使用される MATLAB コンピューター接続プロパティについて記述する、target.ConnectionProperties オブジェクトと接続を関連付けます。たとえば、シリアル ポートを指定するには、target.Port オブジェクトを使用します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

MATLAB コンピューターに接続するために使用されるターゲット ハードウェア接続プロパティについて記述する、target.ConnectionProperties オブジェクトと接続を関連付けます。たとえば、シリアル ポートを指定するには、target.Port オブジェクトを使用します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

すべて折りたたむ

Set Up PIL Connectivity by Using target Packageから抜粋した以下のコードは、開発用コンピューターとターゲット ハードウェア間で接続を指定する方法を示しています。この例では、ターゲット アプリケーションが開発用コンピューター上で個別のプロセスとして実行され、localhost を介して TCP 通信チャネルを使用します。

connection = target.create('TargetConnection');
connection.Name = 'Host Process Connection';
connection.Target = hostTarget;
connection.CommunicationChannel = target.create('TCPChannel');
connection.CommunicationChannel.Name = 'External Process TCPCommunicationChannel';
connection.CommunicationChannel.IPAddress = 'localhost';
connection.CommunicationChannel.Port = '0';
R2020b で導入