Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

検証、テスト、および認定

パラメーターの調整、コード パフォーマンスの解析、数値的等価性のテスト、コード カバレッジとトレーサビリティ解析の実行

システム開発の場合、V モデルの継続的な検証方法を使用します。

サブコンポーネントのラピッド プロトタイピングの場合、ターゲット アプリケーションで信号を監視してモデル パラメーターを調整できるリアルタイムのエクスターナル モード シミュレーションを実行します。

コード実行プロファイリングを使用して、生成されたコードがターゲット ハードウェアのリアルタイム要件を満たしているかどうかを明確にし、パフォーマンスの改善が必要なコード セクションを決定します。

生成コードについて、以下を確認します。

  • モデルと生成されたコード間の数値的等価性をテストすることにより、モデルが正しく実装される:

    • システム、コンポーネント、および参照モデルのようなサブコンポーネントの場合、SIL/PIL マネージャーの最上位モデル、Model ブロック、またはテスト ハーネス ワークフローを使用します。

    • Atomic サブシステムのようなサブコンポーネントの場合、Simulink® Test™ ハーネスを SIL/PIL マネージャーと共に使用することにより、Atomic サブシステムから生成されたコードでユニット テストを実行します。詳細については、Configure and Run PIL Simulationを参照してください。

  • モデル カバレッジとコード カバレッジの比較やトレーサビリティ解析の実施によって、意図しない機能が含まれない。コード カバレッジ メトリクスを生成する SIL および PIL シミュレーションを設定します。モデルのオブジェクトと生成されたコードの間の双方向トレーサビリティを提供するレポートを生成します。

コード検証には、Embedded Coder® に加え、Requirements Toolbox™Simulink Test、Polyspace® 製品など、他の製品も使用できます。

カテゴリ