Main Content

コードの効率性

メモリ要件の最小化と実行の高速化による生成コードの最適化

量産コードを生成する準備が整ったら、モデル コンフィギュレーション設定を使用してコードの効率を向上します。これらの設定は RAM と ROM の消費を抑え、コード実行を高速化します。効率性の一部を犠牲にしてより防御的なコードにする場合は、これらのオプションの 1 つ以上を無効にできます。

コード生成アドバイザーで利用できる 1 つ以上の目的に対してモデルの現在のコンフィギュレーションを実行できます。コード生成アドバイザーは、選択した目的と優先順位に基づいて、モデル コンフィギュレーション設定に加えられる変更を提案します。コード最適化の基礎を開始するには、コード効率化ツールと手法による生成コードの最適化を参照してください。

カテゴリ