Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

防御的プログラミング

防御的コードと効率的なコードのトレードオフを取る

生成済みコードの効率を向上させるには、非正規数計算を実行するコードを削除したり、シミュレーション結果とコード生成結果との間で不一致の可能性を防ぐコードを削除します。

トピック

範囲外の値をラップする浮動小数点から整数への変換コードを削除

アプリケーションにおける入力値が出力型の範囲にある場合、範囲外の浮動小数点から整数への変換コードを削除します。

NaN を整数 0 にマッピングするコードの削除

アプリケーションに NaN の入力値が存在しない場合、NaN を整数ゼロにマッピングするコードをコード ジェネレーターで削除するように指定します。

非有限数のチェックまたは数学関数のインライン化の無効化

コード置換ライブラリ (CRL) カスタマイズ エントリを使用して、数学関数の非有限数のチェックおよび数学関数のインライン化を選択的に無効化できます。

非正規数の実行速度

非正規数計算のレイテンシのために実行に時間がかかったり、オーバーランする可能性を最小化します。

Remove Code That Guards Against Division Exceptions for Integers and Fixed-Point Data

Optimize the generated code by removing code that protects against division by zero and overflows in division INT_MIN/-1 operations for integers and fixed-point data.

Remove Code from Tunable Parameter Expressions That Saturate Against Integer Overflow

Remove code that prevents integer overflow of tunable expression parameters for efficiency benefits.