Main Content

展開、統合、サポートされているハードウェア

生成されたコードの統合、保護、パッケージ化、移動、サポートされているハードウェアへの生成コードの展開

モデルのコード生成と検証の繰り返しが完了したら、統合用に結果として得られるコードを展開するか、運用環境でコードを使用します。展開には、プロジェクト間で共有するコードの設定やシステム インテグレーターまたはベンダーへのコードの提供などのアクティビティが含まれます。次のことを実行する場合があります。

  • 生成された呼び出し可能な関数コードをメイン プログラムに統合する。

  • 外部のリアルタイム エグゼクティブまたはターゲット ハードウェアのオペレーティング システムなしで実行するように生成されたプログラムを適応する。

  • 生成されたプログラムをオペレーティング システムまたはプロセッサと統合する。

  • モデルの静的なコード ファイルと生成されたコード ファイルを別の開発環境に移動する。

  • アプリケーション コードで生成された共有ライブラリを使用する。

  • サードパーティに知的所有権を開示せずにモデルに対して生成されたアーティファクトをパッケージ化して共有する。

  • アクセラレータ シミュレーションを実行し、MATLAB® と Simulink® 環境の外部でスタンドアロンのシミュレーションをデプロイする。

カテゴリ