Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

呼び出し可能な関数の統合

プラットフォームのスケジューリング ソフトウェアを使用した、Simulink 関数から生成された呼び出し可能なエントリポイント関数の統合

Embedded Coder® の展開オプションは、プラットフォーム固有の関数スケジューラおよび他のプラットフォーム ミドルウェアと統合する目的でソース コード モジュールを生成します。コードを統合するには、以下のようなデータに関する考慮事項を把握します。

  • 条件付きでコンパイルされる次元をもつパラメーター データのインポート。

  • 生成コードと外部コード間での構造化データまたは列挙データの交換。

  • コーディング規約に準拠するためのデータ型の置換または名前変更。

別の選択肢は、外部コード ベースに統合できる共有ライブラリを生成することです。

トピック

ソース コード

共有ライブラリ

データに関する考慮事項

C++ のサポート