Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

共有ライブラリを使用した開発用コンピューターのシミュレーターへのインターフェイス

この例では、開発用コンピューターで実行されるシミュレーターへのインターフェイスとして機能する共有ライブラリを生成します。システム ターゲット ファイル ert_shrlib.tlc を使用することで、共有ライブラリを生成します。

モデルから共有ライブラリを作成して、そのライブラリをアプリケーションで使用するには、次のようにします。

1. モデルを開発します。この例では、モデル rtwdemo_shrlib を開きます。書き込み可能な場所にモデルのコピーを保存します。

open_system('rtwdemo_shrlib');

モデルは、シングルレートの離散時間モデルです。8 ビット カウンターが Amplifier という名前の Triggered Subsystem に送信を行います。パラメーター INCLIMITRESET に定数値 1、4、0 がそれぞれ設定されます。信号の equal_to_count が真の場合、サブシステムは入力信号をゲイン ファクター K=3 で増幅し、出力信号は更新されます。

2. Embedded Coder アプリを開きます。

3. モデル コンフィギュレーション パラメーター [システム ターゲット ファイル]ert_shrlib.tlc に設定します。

4. 共有ライブラリ ファイルを作成します。コード ジェネレーターによって生成されるファイルは、開発プラットフォームによって異なります。たとえば、Windows システムでは、コード ジェネレーターがライブラリ ファイル rtwdemo_shrlib_win64.dll を生成します。

5. 共有ライブラリを使用するアプリケーション コードを作成します。この例では、次のファイルで使用可能なアプリケーション コードを使用します。

matlabroot\toolbox\rtw\rtwdemos\shrlib_demo\rtwdemo_shrlib_app.h matlabroot\toolbox\rtw\rtwdemos\shrlib_demo\rtwdemo_shrlib_app.c

これらのファイルのソース コードを表示するには、モデル内で、.h ファイルと .c ファイルの白いボタンをクリックします。

6. ファイル アプリケーションと共有ライブラリ ファイルをコンパイルおよびリンクして、実行可能プログラムを生成します。次のスクリプトは、プログラムのコンパイル、ビルド、実行を行います。

matlabroot\toolbox\rtw\rtwdemos\shrlib_demo\run_rtwdemo_shrlib_app.m

スクリプト コードを表示するには、モデル内で、.m ファイルの白いボタンをクリックします。

モデルをビルドし、生成された共有ライブラリを使用するアプリケーションを実行するには、モデル内で、青いボタンをダブルクリックします。

共有ライブラリの使用の詳細については、生成コードを共有ライブラリとしてパッケージ化を参照してください。

関連するトピック