Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ラピッド プロトタイピングおよびリアルタイム シミュレーション

ラピッド プロトタイピングのためのエクスターナル モード シミュレーションの使用

モデルの設計を改良するには、コンポーネント機能を検証し、システム パフォーマンスを評価し、ハードウェアをテストして、ラピッド プロトタイピングを使用します。ターゲット アプリケーションで信号を監視し、モデル パラメーターを調整できるリアルタイムのエクスターナル モード シミュレーションを実行します。

アプリ

カスタム ハードウェア上で実行エクスターナル モード シミュレーションを実行する

トピック

ラピッド プロトタイピング

リアルタイム シミュレーション