Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リアルタイム ラピッド プロトタイピングのためのアルゴリズム モデルの展開

コード ジェネレーターを使用して、リアルタイム ラピッド プロトタイピングのためにアルゴリズム モデルを展開します。

リアルタイム ラピッド プロトタイピングについて

リアルタイム ラピッド プロトタイピングは、リアルタイム シミュレーターを使用する必要があります。リアルタイム シミュレーターは、制御対象のシステム ハードウェア (物理プラントや自動車など) に接続されている可能性があります。リアルタイム シミュレーターまたは組み込みマイクロプロセッサで実行する時に、コードを生成、配布、および調整します。この設計ステップは、コンポーネントがシステムを適切に制御できるかどうかを検証し、コードを評価、対話、および最適化するうえで重要です。

次の図は、リアルタイム ラピッド プロトタイピングの典型的な方法を示します。

リアルタイム ラピッド プロトタイピングの目的

機能要件を記録し、概念モデルと制御対象の施設や自動車などのシステム ハードウェアを改良し、使用するターゲット製品 ( Simulink Real-Time または Simulink Desktop Real-Time 製品など) にアクセスできるという前提で、リアルタイム プロトタイピングを以下の目的のために使用できます。

  • アルゴリズム設計とプロトタイピング間で迅速に反復を行い、コンポーネントと環境モデルの設計を改良する

  • コンポーネントで物理システムをリアルタイムで適切に制御できるかどうかを検証する

  • ハードウェアのレイアウト、制作ソフトウェアのコーディング、または固定設計への確定を行う前に、システム性能を評価する

  • ハードウェアをテストする

リアルタイム ラピッド プロトタイピングを使用したコードの改良

リアルタイム ラピッド プロトタイピングを実行するには

  1. ラピッド プロトタイピング ハードウェア上でリアルタイムで実行するリアルタイム システムを、作成または取得します。 Simulink Real-Time 製品を使用すると、リアルタイム ラピッド プロトタイピングが容易になります。この製品は、リアルタイムで PC を実行させるリアルタイム オペレーティング システムを提供します。さらに、多数のハードウェア I/O カードのデバイス ドライバー ブロックも提供します。安価な市販 (COTS) のハードウェアを使用して、ラピッド プロトタイピング システムを作成できます。また、サードパーティ ベンダーは、開発環境に統合できる Simulink® Real-Time™ 製品や他のコード生成技術に基づいて、各種製品を提供します。

  2. 提供されているシステム ターゲット ファイルを使用して、リアルタイム シミュレーターに展開できるコードを生成します。次の情報を参照してください。

    エンジニアリング タスク関連製品情報

    リアルタイム ラピッド プロトタイピング用のコードを生成する

    製品間でのシステム ターゲット ファイルのサポートの比較

    イベントベースのスケジューリング

    Embedded Coder

    Support for Standards and Guidelines

    rtwdemo_counter
    rtwdemo_counter_msvc

    PC を使用してハード リアルタイムでのラピッド プロトタイピング用のコードを生成する

    Simulink Real-Time

    Simulink Real-Time Options Pane (Simulink Real-Time)

    slrt_ex_osc (など)
    PC を使用してソフト リアルタイムでのラピッド プロトタイピング用のコードを生成する

    Simulink Desktop Real-Time

    Simulink Desktop Real-Time Pane (Simulink Desktop Real-Time)

    sldrtex_vdp (など)
  3. 信号のモニター、パラメーターの調整、およびデータのログ作成を行います。

関連するトピック