Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム ハードウェア上で実行

エクスターナル モード シミュレーションを実行する

説明

[カスタム ハードウェア上で実行] アプリを使用すると、開発用コンピューターまたはその他のターゲット ハードウェア上でエクスターナル モード シミュレーションを実行することができます。エクスターナル モード シミュレーションでは、パラメーターをリアルタイムで調整し、ターゲット アプリケーションの信号を監視できます。

エクスターナル モード シミュレーションを実行するには、次を行います。

  1. 開発用コンピューターでターゲット アプリケーションをビルドします。

  2. ターゲット アプリケーションをターゲット ハードウェアに配布します。

  3. ターゲット ハードウェア上で実行するターゲット アプリケーションに Simulink® を接続します。

  4. ターゲット ハードウェア上で生成コードの実行を開始します。

アプリを使用すると以下のことができます。

  • ステップを個別に実行するか、1 回のクリックで実行する。

  • ターゲット アプリケーションを配布するカスタム起動ツールを登録する。

Run on Custom Hardware app

カスタム ハードウェア上で実行 アプリを開く

[アプリ] タブで、[カスタム ハードウェア上で実行] をクリックします。あるいは、[C コード] タブで、[コードの検証][カスタム ハードウェア上で実行] を選択します。

XCP エクスターナル モード シミュレーションの実行

[カスタム ハードウェア上で実行] アプリを使用する例については、開発用コンピューターでの XCP エクスターナル モード シミュレーションの実行を参照してください。

関連する例

R2019b で導入