Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リアルタイム ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションのための環境モデルの展開

ハードウェアインザループ シミュレーションについて

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションは、ソフトウェアのテスト プラットフォームのコンテキストで、組み込みシステムまたは組み込み制御ユニットのテストと検証を行います。テスト プラットフォームの例には、リアルタイムのターゲット システム、および命令セット シミュレーター (IIS) があります。Simulink® ソフトウェアを使用して、テスト環境を表すモデルを開発および検証します。コード ジェネレーターを使用して、モデルの実行可能プログラムを作成、ビルドし、HIL シミュレーション プラットフォームにダウンロードします。環境を設定したら、実行可能ファイルを実行して、組み込みシステムまたは組み込み制御ユニットをリアルタイムで検証できます。

HIL シミュレーションの間、コンポーネントの微調整および調整を重ねながら、システム環境の部品を徐々にハードウェア コンポーネントで置き換えていきます。HIL シミュレーションには部品調整の高価な反復を排除する効果的な設計プロセスがあります。

システム シミュレーター用にビルドするコードは、リアルタイムのシステム機能を備えています。たとえば、コードには Wind River® の VxWorks® や別のリアルタイム オペレーティング システム (RTOS) を含めることができます。

次の図は、典型的な HIL 設定を示します。

MathWorks から利用可能な HIL プラットフォームは、Simulink Real-Time 製品です。いくつかのサードパーティ製品も、HIL プラットフォームとして使用できます。Simulink Real-Time™ 製品は、リアルタイム ターゲットとして機能している Intel® または AMD® 32 ビット プロセッサを搭載した PC に対して、ハード リアルタイム性能を提供します。Simulink Real-Time 製品を使用すると、モデルに I/O インターフェイス ブロックを追加して、コード生成テクノロジーでコードを自動的に生成することができます。Simulink Real-Time 製品は、Simulink Real-Time リアルタイム カーネルが実行されている 2 台目の PC にコードをダウンロードできます。Simulink Real-Time に基づくシステム インテグレーター ソリューションも利用できます。

HIL シミュレーションの設定と実行

HIL シミュレーションを設定して実行するには、次の手順を反復してください。

  1. 開発中の環境またはシステムを表すモデルを作成します。

    詳細については、製品間でのシステム ターゲット ファイルのサポートの比較を参照してください。

  2. 環境モデルの実行可能ファイルを生成します。

  3. 環境モデルの実行可能ファイルを HIL シミュレーション プラットフォームにダウンロードします。

  4. システム コンポーネントを表すソフトウェアを対応するハードウェアで置き換えます。

  5. HIL システムのコンテキストでハードウェアをテストします。

  6. テストが必要なコンポーネントを含めた後、システムのシミュレーションを実行できるようになるまで手順 4 と 5 を繰り返します。

関連するトピック