Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target.create

ターゲット オブジェクトを作成

説明

targetObject = target.create(targetType) は指定されたクラスのオブジェクトを作成して返します。

targetObject = target.create(targetType,Name,Value) は 1 つ以上の名前と値の引数を使用してオブジェクトを設定します。

メモ

以下のクラスについては、オブジェクトの作成とプロパティの指定を 1 つのステップで実行できます。

新しいハードウェア実装の作成

この関数を使用するワークフロー例については、次を参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

オブジェクトのクラスを指定します。たとえば、次のようになります。

  • 'Processor' を指定すると、target.Processor オブジェクトが作成されます。

  • 'LanguageImplementation' を指定すると、target.LanguageImplementation オブジェクトが作成されます。

  • 'Alias' を指定すると、target.Alias オブジェクトが作成されます。

サポートされるすべてのタイプのリストについては、target を参照してください。

例: 'Processor'

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。名前と値のペアの引数は、Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように任意の順番で複数指定できます。

例: myProc = target.create('Processor', 'Name', 'myProcessor', 'Manufacturer', 'myProcessorManufacturer');

既存のターゲット オブジェクトから値をコピーしてターゲット オブジェクトを作成します。以下に例を示します。

myLangImp = target.create('LanguageImplementation', ...
                          'Name', 'myLanguageImplementation', ...
                          'Copy', 'ARM Compatible-ARM Cortex');

指定した値に設定されたプロパティでターゲット オブジェクトを作成します。

出力引数

すべて折りたたむ

作成して返されるオブジェクト。たとえば、次のオブジェクトになります。

  • targetType'Processor' の場合は target.Processor オブジェクト

  • targetType'LanguageImplementation' の場合は target.LanguageImplementation オブジェクト

  • targetType'Alias' の場合は target.Alias オブジェクト

R2019a で導入