Main Content

target.remove

内部データベースからのターゲット オブジェクトの削除

説明

target.remove(targetObject) は内部データベースからターゲット オブジェクトを削除します。

target.remove(targetType, targetObjectId) はクラスと識別子で指定したターゲット オブジェクトを削除します。

target.remove(targetObject, Name,Value) は、名前と値の引数を使用して関連付けられているオブジェクトを削除し、コマンド ライン出力を非表示にします。

すべて折りたたむ

ハードウェア デバイスの実装を指定して、内部データベースに追加できます。

armv8 = target.create('LanguageImplementation', ...
              'Name', 'Armv8-A LP64', ...
              'Copy', 'ARM Compatible-ARM Cortex');

a53 = target.create('Processor', ...
                    'Name', 'Cortex-A53', ...
                    'Manufacturer', 'ARM Compatible');

a53.LanguageImplementations = armv8;

target.add(a53)

ターゲット オブジェクトが必要なくなった場合は、関数を使用してオブジェクトを内部データベースから削除できます。

target.Processor オブジェクトのみを削除するには、次を実行します。

target.remove(a53)

または

target.remove('Processor', 'ARM Compatible-Cortex-A53');

target.Procesor オブジェクトとそれに関連付けられている target.LanguageImplementation オブジェクトを削除してコマンド ライン出力を非表示にするには、次を実行します。

target.remove(a53, ...
              'IncludeAssociations', true, ...
               'SuppressOutput',true);

入力引数

すべて折りたたむ

削除するターゲット オブジェクトを指定します。

削除するターゲット オブジェクトのクラスを指定します。以下に例を示します。

  • クラスが target.Processor の場合、'Processor' を指定します。

  • クラスが target.LanguageImplementation の場合、'LanguageImplementation' を指定します。

例: 'Processor'

削除するオブジェクトの一意の識別子、つまり、オブジェクトの Id プロパティ値を指定します。

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: target.remove(myTargetObject, 'IncludeAssociations', true);

関連付けられているオブジェクトを内部データベースから削除します。

  • true –– 関数は targetObject および関連付けられているターゲット オブジェクトを内部データベースから削除します。関連付けられているオブジェクトが別のターゲット オブジェクトから参照されている場合、関数は関連付けられているオブジェクトを削除しません。

  • false –– 関数は targetObject のみを内部データベースから削除します。

例: target.remove(myTargetObject, 'IncludeAssociations', true);

データ型: logical

関数のコマンド ライン出力を制御します。

  • true –– 関数からのコマンド ライン出力を非表示にします。

  • false –– 関数が内部データベースから削除するオブジェクトに関する情報を提供します。

例: target.remove(myTargetObject, 'SuppressOutput', true);

データ型: logical

バージョン履歴

R2019a で導入