Main Content

コード コンパイルのカスタマイズ

ビルド プロセスのコンパイル段階のカスタマイズ

サポートされているビルド ツールをインストールすると、コード生成後に実行可能コードを生成するビルド プロセスを設定できます。ビルド プロセスのコンパイル段階をカスタマイズできます。

ツールチェーン アプローチの場合、カスタム ツールチェーンを登録して使用します。

テンプレート makefile アプローチの場合、以下を行います。

  • 付属のテンプレート makefile をカスタマイズする。

  • コード生成後のコマンドを作成して実行する。

  • フック メソッドを作成してビルド プロセスの特定の時点で適用する。

  • 生成される makefile を S-Function 用にカスタマイズする。

オブジェクト

すべて展開する

RTW.BuildInfo生成されたコードのコンパイルとリンクに関する情報を提供する

関数

すべて展開する

addCompileFlagsコンパイラ オプションをビルド情報に追加
addDefinesプリプロセッサ マクロ定義をビルド情報に追加
addIncludeFilesインクルード ファイルをビルド情報に追加
addIncludePathsインクルード パスをビルド情報に追加
addLinkFlagsリンク オプションをビルド情報に追加
addLinkObjectsリンク オブジェクトをビルド情報に追加
addNonBuildFiles非ビルド関連ファイルをビルド情報に追加
addSourceFilesソース ファイルをビルド情報に追加
addSourcePathsソース パスをビルド情報に追加
addTMFTokensテンプレート makefile (TMF) トークンをビルド情報に追加
findBuildArgビルド情報から特定のビルド引数を検索
findIncludeFilesインクルード (ヘッダー) ファイルを検索してビルド情報に追加
getBuildArgsビルド情報からビルド引数を取得
getCompileFlagsビルド情報からコンパイラ オプションを取得
getDefinesビルド情報からプリプロセッサ マクロ定義を取得
getFullFileListビルド情報からファイルのリストを取得
getIncludeFilesビルド情報からインクルード ファイルを取得
getIncludePathsビルド情報からインクルード パスを取得
getLinkFlagsビルド情報からリンク オプションを取得
getNonBuildFilesビルド情報から非ビルド関連ファイルを取得
getSourceFilesビルド情報からソース ファイルを取得
getSourcePathsビルド情報からソース パスを取得
setTargetProvidesMainコード ジェネレーターが提供する (生成されたまたは静的な) main.c ソース ファイルの、ビルド時のインクルードの無効化
updateFilePathsAndExtensionsパスやファイル拡張子が欠落しているビルド情報でファイルを更新
updateFileSeparatorビルド情報内のファイル リストのファイル区切り文字を更新
codebuild生成されたコードのコンパイルとリンク

トピック

コンパイラ

ライブラリ名と場所

ツールチェーン アプローチ

テンプレート makefile アプローチ

S-Function のビルド