Main Content

target.CMake クラス

パッケージ: target

生成コードをビルドするための CMake インストール環境を指定する

R2022b 以降

説明

ソフトウェアに付属のバージョンの代わりに特定の CMake インストール環境を使用するツールチェーンを定義する場合は、target.CMake オブジェクトを使用します。

target.CMake オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

オプション。CMake ツールのバージョン。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

CMake 実行可能ファイルの絶対パスを記述したオブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

CMake インストール環境が実行できるプラットフォームを示すオブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

オプション。CMake インストール環境でコードをビルドできるターゲット デバイスを示すオブジェクト。このプロパティが空の場合、ワイルドカードとして扱われます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

CMake ツール インストール環境の一意の名前。

例: 'CMake with Third-Party Customizations'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

すべて折りたたむ

このコードの抜粋では、 target.Toolchain オブジェクトおよび target.CMake オブジェクトの Tools プロパティを使用して CMake インストール環境を指定する方法を示します。

tc = target.create('Toolchain', 'Name', 'CMake/Ninja for all hosts');
tc.Builder = target.create('CMakeBuilder');
tc.Builder.Generator = 'Ninja';
tc.Builder.CommandLineCacheEntries(end+1) = ...
   target.create('CMakeCacheEntry', 'Name', 'CMAKE_C_COMPILER', 'Value', 'gcc');
tc.Builder.CommandLineCacheEntries(end+1) = ...
   target.create('CMakeCacheEntry', 'Name', 'CMAKE_CXX_COMPILER', 'Value', 'g++');


tc.Tools = target.create('CMake', 'Name', 'My CMake')
tc.Tools(1).Command.String = 'C:\pathToMyCMakeInstallation\cmake.exe'

バージョン履歴

R2022b で導入