Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

extmodeSimulationComplete

エクスターナル モードのシミュレーションが完了していることを確認

説明

simComplete = extmodeSimulationComplete(); は、エクスターナル モードのシミュレーション中に、モデルのシミュレーション時間がコマンド ライン オプション '-tf' または Simulink® コンフィギュレーション パラメーター StopTime によって指定される最終シミュレーション時間に到達しているかどうかを確認します。

この関数をその他のエクスターナル モードの関数と共に使用することにより、エクスターナル モード シミュレーション時の Simulink とターゲット アプリケーションとの間の通信を有効にします。

エクスターナル モード通信の設定

この関数を関連する関数と共に使用した、エクスターナル モード通信の提供方法を示す擬似コードの例については、エクスターナル モード抽象化レイヤーを参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

モデルのシミュレーション時間が指定した最終シミュレーション時間に達した場合は true。そうでない場合は false を返します。

R2018a で導入