Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム ターゲットを使用したツールチェーン アプローチのサポート

この節では、ツールチェーン アプローチを使用したビルドをサポートするためにカスタムのシステム ターゲット ファイルを構成する方法を説明します。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインで、ツールチェーン アプローチまたはテンプレート makefile アプローチのビルド コントロールを設定できます。表示するビルド コントロールの決定に関与するモデル コンフィギュレーション パラメーターには、以下のパラメーターが含まれます。

モデル パラメーターメモ
UseToolchainInfoCompliantonツールチェーン アプローチの場合、このパラメーターを 'on' に設定します。TMF アプローチの場合、このパラメーターを 'off' に設定します。
GenerateMakefileonツールチェーン アプローチの場合、このパラメーターを 'on' に設定します。

選択したターゲットにこれらのプロパティがあることをダイアログ ボックスが検出すると、ダイアログ ボックスはそのターゲットをツールチェーン準拠として識別し、ツールチェーン アプローチのビルド コントロールを表示します。

カスタム ターゲット ファイルではこれらのプロパティを直接設定できないため、カスタム ターゲット ファイル内で関数 SelectCallback を使用してプロパティを設定します。TLC ファイルの RTW_OPTION セクションで、関数 SelectCallback の呼び出しは以下の形式で表します。

rtwgensettings.SelectCallback = 'enableToolchainCompliant(hSrc, hDlg)';

対応するコールバック関数には以下を含めることができます。

function enableToolchainCompliant(hSrc, hDlg)
  % The following parameters enable toolchain compliance.
  slConfigUISetVal(hDlg, hSrc, 'UseToolchainInfoCompliant', 'on');
  slConfigUISetVal(hDlg, hSrc, 'GenerateMakefile','on');
  
  % The following parameters are not required for toolchain compliance.
  % But, it is recommended practice to set these default values and 
  % disable the parameters (as shown).
  slConfigUISetVal(hDlg, hSrc, 'RTWCompilerOptimization','off');
  slConfigUISetVal(hDlg, hSrc, 'MakeCommand','make_rtw');
  slConfigUISetEnabled(hDlg, hSrc, 'RTWCompilerOptimization',false);
  slConfigUISetEnabled(hDlg, hSrc, 'MakeCommand',false);
  hSrc.refreshDialog;
end

カスタム ターゲットを選択すると、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスにツールチェーン アプローチのビルド コントロールが表示されます。例については、カスタム ターゲット コンフィギュレーションの作成を参照してください。

カスタム ターゲットのオプション機能を設定する方法の例については、システム ターゲット ファイルのカスタマイズを参照してください。

関連するトピック