Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

extmodeSetFinalSimulationTime

エクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーでの最終シミュレーション時間の設定

説明

errorCode = extmodeSetFinalSimulationTime(finalTime); は、エクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーで、モデルの最終シミュレーション時間を設定します。

以下の場合、エクスターナル モードのターゲット アプリケーションの関数 main で、extmodeInit の前に extmodeSetFinalSimulationTime を呼び出して最終シミュレーション時間を設定できます。

  • extmodeParseArgs を使用しない場合。

  • ターゲット ハードウェアはコマンド ライン引数の解析をサポートしていないが、ターゲット アプリケーションから StopTime をオーバーライドする場合。

extmodeGetFinalSimulationTime および extmodeSetFinalSimulationTime は相補関数です。

入力引数

すべて折りたたむ

モデルの最終シミュレーション時間。

出力引数

すべて折りたたむ

エラー コード。次のいずれかの値をもつ extmodeErrorCode_T 列挙型として返されます。

  • EXTMODE_SUCCESS (0) –– エラーは検出されませんでした。

  • EXTMODE_INV_ARG (-1) –– 引数が無効です。

R2018a で導入