Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

extmodeParseArgs

エクスターナル モードの抽象化レイヤーによってサポートされているコンフィギュレーション パラメーターの値を抽出

説明

errorCode = extmodeParseArgs(argCount, argValues); は、エクスターナル モードの抽象化レイヤーによってサポートされているコンフィギュレーション パラメーターの値を抽出します。関数は、入力引数として渡された string の配列を解析します。string の配列は、ターゲット ハードウェアで実行中の実行可能ファイルのコマンド ライン引数からのものです。

エクスターナル モードの抽象化レイヤーは、2 つのオプションのみを解釈し、通信ドライバーの初期化のために他の引数を rtIOStreamOpen に渡します。

この関数をその他のエクスターナル モードの関数と共に使用することにより、エクスターナル モード シミュレーション時の Simulink® とターゲット アプリケーションとの間の通信を有効にします。

ターゲット ハードウェアでコマンド ライン引数の解析がサポートされていない場合、プリプロセッサ マクロ EXTMODE_DISABLE_ARGS_PROCESSING を定義します。コマンド ライン引数の解析の詳細については、その他のプラットフォーム抽象化レイヤーの機能を参照してください。

エクスターナル モード通信の設定

この関数を関連する関数と共に使用した、エクスターナル モード通信の提供方法を示す擬似コードの例については、エクスターナル モード抽象化レイヤーを参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

argValues 配列の要素数。

ターゲット ハードウェアで実行中の実行可能ファイルのコマンド ライン引数。エクスターナル モードの抽象化レイヤーが解釈するのは、次のオプションのみです。

  • '-w' – エクスターナル モードで Simulink からのモデル開始要求を待機する関数 extmodeWaitForStartRequest() を有効にします。このオプションを指定しない場合、関数 extmodeWaitForStartRequest() による効果はありません。

  • '-tf finalSimulationTime'finalSimulationTime は Simulink コンフィギュレーション パラメーター StopTime をオーバーライドします。

コマンドにさらにオプションが含まれる場合、それらは通信ドライバーのコンフィギュレーション パラメーターとして rtIOStreamOpen に渡されます。

出力引数

すべて折りたたむ

エラー コード。次のいずれかの値をもつ extmodeErrorCode_T 列挙型として返されます。

  • EXTMODE_SUCCESS (0) –– エラーは検出されませんでした。

  • EXTMODE_INV_ARG (-1) –– 引数が無効です。

R2018a で導入