検証と妥当性確認入門

例、記事、チュートリアルを見る

入門向けの例

体系的な要件ベースのテストは、高信頼性ソフトウェア開発に不可欠なワークフローです。このビデオでは、検証と妥当性確認のための Simulink 製品を使用して自習用の例を概説します。

ビデオ

この例では、設計者がどのように MathWorks モデルの検証と妥当性確認ツールの使用を始めたらよいかというとこについて説明します。Simulink での要件を管理および表示する方法、モデリング標準への準拠を確認する方法、ランタイムエラーの確認を行う方法を説明します。この例では、Simulink Requirements、Simulink Check、および Simulink Design Verifier を使用します。

File Exchange

要件トレーサビリティと解析

Simulink Requirements を使用することにより、Simulink 内で要件のオーサリング、インポート、管理を行い、実装および検証のステータスを追跡して、要件の変更に素早く対応することができます。

ビデオ

Simulink Test および Simulink Requirements をお持ちの場合は、テストマネージャーで要件をテストケースにリンクさせることができます。テストにリンクさせることで、テストでどのように要件が確認されるかを見ることができます。

ドキュメンテーション

Simulink Test でのテストの時間的評価を作成し、複雑な時間要件を検証。明確な意味を持つ自然言語のフォーマットを使用して、評価方法を指定することができます。

ビデオ

機能テスト

Simulink Test を使用して、シミュレーションベースのテストを開発、管理、および実行します。

ビデオ

この記事では、三重選択アルゴリズムを例として取り上げ、モデル テスト カバレッジを使用して、要件ベースのテスト中に未達成の要件を特定する方法を紹介します。

記事

Simulink Coverage を使用して、モデルおよび生成コードのテストカバレッジを測定します。

ビデオ

Embedded Coder および Simulink Coverage をお持ちの場合は、ソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) のシミュレーション中に生成されたコードのカバレッジを解析できます。

ドキュメンテーション

Simulink Design Verifier の モデルスライサー機能を用いて、機能の依存関係をハイライトし、単純化されたモデルを作成することにより、複雑な設計のデバッグを高速化します。

ビデオ

認証標準への準拠

この記事では、Simulink に基づく検証ワークフローについて説明します。ここでは、テストケースの作成、未達モデルカバレッジに関するテストケースの生成、コードカバレッジの測定といったトピックを取り上げます。

記事

Simulink または Stateflow の編集時チェック機能によって、編集中にガイドラインや規格に関する問題を確認する方法を紹介します。

ビデオ

モデル開発の際は、モデル品質への信頼性を高めるために、モデルの確認と解析を行います。モデルを確認し、MAB スタイルガイドラインと、DO-178 や ISO 26262 などの高信頼性システムの設計ガイドラインなどの標準と照合します。

ドキュメンテーション

この例では、メトリクス ダッシュボードを使用してモデル メトリクス データを収集する方法を示します。


Simulink の検証および妥当性確認を利用して、モデル内の重複パターンを特定し、再利用可能なコンポーネントにリファクタリングします。

ビデオ

自動車業界のリーダーと MathWorks が定義したモデル品質目標 (MQO) を学びます。この標準では、ソフトウェア開発ライフサイクルのさまざまな段階における Simulink モデルの品質目標が定められています。

ホワイトペーパー

設計エラー検出

Simulink Design Verifier を使用して、設計エラーを特定し、テストケースを生成し、要求仕様に照らし合わせて設計を検証します。

ビデオ

設計エラーの特定、要件準拠の証明、テストの生成を行います。

ドキュメンテーション

この例では、sldvexFloatingPointErrorChecks のモデル例で、非有限値、NaN、および非正規の浮動小数点値を検出する方法を示します。このモデルは、エラーの原因となる浮動小数点演算で構成されています。モデル内のこれらのエラーを検出するには、設計エラー検出を解析します。

ドキュメンテーション

この例では、デッドロジックのモデルを改善する方法を示しています。sldvSlicerdemo_dead_logic モデルは、依存関係の解析のために改善したデッドロジックパスで構成されています。

ドキュメンテーション